コラム

日本が「シェール革命」の恩恵を受けるにはパイプラインが必要だ

2013年04月16日(火)17時56分

 今アメリカ経済は「シェール革命」にわいている。深い地底にある頁岩(シェール)から天然ガスや原油を採掘する技術が実用化したことで、その埋蔵量は飛躍的に増えた。特にアメリカの天然ガス生産量はロシアを抜いて世界最大となり、IEA(国際エネルギー機関)の予測では、あと5年でサウジアラビアを抜いて世界最大の原油生産国となる。

 シェールガス・オイルの強みは、化石の固まりである頁岩から採掘するため、在来型の化石燃料よりはるかに量が多いということだ。IEAなどの推定によれば、その埋蔵量は在来型の化石燃料の5倍以上で、今後200年以上あるという。オバマ米大統領は今年の一般教書演説で「アメリカは今後100年分の天然ガスを国内で自給できる」と宣言した。

 このようなエネルギー価格の低下で、久しく「製造業の衰退」がいわれていたアメリカに、製造業が回帰する動きが始まっている。シェールガスの産地ではパイプラインや貯蔵施設が建設され、新たな製鉄所や化学工場の建設が始まっている。シティグループの推定によれば、シェールガス革命は2020年までに最大360万人の雇用を創出し、アメリカのGDP(国内総生産)を最大3%引き上げるという。

 シェール革命は、世界のエネルギー市場にも大きな影響を与えている。ガスの価格が大幅に下がったため、石炭の価格も暴落し、火力発電のコストが下がったため、アメリカでは原発の新規建設計画が相次いで中止された。世界的にも「シェール革命によって原子力の時代は終わった」といわれている。

 これは世界の政治経済にも大きな影響をもたらす。国際政治は、原油埋蔵量の3分の2が中東に偏在していることによる地政学リスクに翻弄されてきたが、シェールガスをはじめとする非在来型資源が世界中に広く埋蔵されているとなると、世界経済を左右してきたOPEC(石油輸出国機構)の政治力が弱まり、エネルギー問題は安定するだろう。採掘にともなう環境問題が批判を浴びているが、IEAは技術的に解決可能だとしている。

 他方、アメリカの最大の輸入品目である石油・天然ガスによる貿易赤字が大幅に減ると、オバマ大統領のいう「製造業の復活」も夢ではない。中東から石油を輸入する必要がなくなると、アメリカが中東の政治に介入する必要もなくなるので、軍備削減によってアメリカの財政赤字も改善するだろう。

 では日本への影響はどうだろうか。日本は天然ガスをLNG(液化天然ガス)の形でしか輸入できない上に、原発のほとんどが停止されたときスポットで買い付けたため、アメリカの5倍という高価格で調達しなければならない。おまけにその価格は原油に連動しているので不安定で、中東で戦争が始まってホルムズ海峡が閉鎖されたら供給の8割が止まってしまう。

 今のところアメリカのシェールガスは国防上の理由で輸出していないので、シェール革命の日本への恩恵はあまりないが、アメリカはFTA(自由貿易協定)の相手国には輸出を解禁する方針なので、TPP(環太平洋連携協定)に参加すれば、アメリカのシェールガスを輸入できるようになる。

 また原発の新規建設が事実上できなくなった日本では、ガスタービンが有力な発電技術になる。ガスは温室効果ガスの排出量も石炭の半分ぐらいなので、今後の火力発電の主流になりそうだ。日本の商社は、競ってアメリカにシェールガスの輸出基地を建設しようとしている。

 これまで世界の天然ガス市場を独占してきたロシアも、シェールガスへの対応を急いでいる。特にアメリカが中東から石油を輸入しなくなると、今までロシアからのパイプラインに依存してきたヨーロッパ諸国が中東の安い原油を買うようになるかもしれない。そうするとロシアもガスの供給先を多様化する必要があり、アジアにパイプラインを延長している。最大の供給先は中国だが、日本も潜在的な市場としては大きい。

 サハリンから北海道を経由して関東まで天然ガスのパイプラインを引く計画は、1990年代から通産省(当時)が計画し、エクソンモービルやガスプロムなども協力して具体的なルートまで決まったが、地元の反対で挫折した。この理由は漁業権をめぐる交渉が原因とも、顧客を奪われる電力会社が反対したともいわれる。

 パイプラインでガスを輸入できれば、価格はLNGよりはるかに安く、石炭並みになるので、エネルギー制約に悩む日本には大きな福音である。サハリン経由のパイプラインは技術的には可能であり、ロシアも前向きだ。障害になっているのは日本の政治的事情だけなので、今月末に安倍首相がロシアを訪問する際に、ぜひ首脳会談でパイプラインを実現してほしい。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 3

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 6

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 9

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!