コラム

なぜ世界最高峰の医学誌BMJはクリスマスにハジけるのか?

2021年12月14日(火)11時30分
BMJのクリスマス特集号

普段の真面目な医学論文との差が魅力(写真はイメージです) Vasyl Dolmatov-iStock

<「血も凍るような」ホラー映画で本当に血は固まる? 外科医の誕生日に手術を受けると死亡率が上がる? 選りすぐりの面白論文5本を紹介し、クリスマスに特集号を出す意味を考察する>

BMJ(イギリス医師会雑誌:ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル)は、世界五大医学誌の一つにも数えられる権威のある学会誌です。1840年に出版されて以来180年の歴史があり、最近も新型コロナウイルス感染症の非重症患者にカシリビマブ/イムデビマブ(中和抗体薬)を投与すると、入院リスクを低下させるという論文が注目されました。

最新のインパクトファクター(ジャーナル影響度指数:高いほど、その分野で名声を得ており、掲載が難しい)も39.89と、研究者からの信頼が厚いBMJですが、毎年クリスマスの時期になると、イグノーベル賞*1受賞作を凌駕するような面白論文の特集号を出版します。しかも、普段の真面目な医学論文の全文は有料でしか読めないのですが、クリスマス特集号の論文は誰もが無料でウェブ上で読めるようになっています。

この10年間のBMJクリスマス特集の中で、選りすぐりの面白論文5本をご紹介します。

1. 『死神の歩く速さは?』(2011年、フィオナ・スタナウェイ氏ら)

オーストラリアの70歳以上の男性1705人を対象としたコホート研究(特定の要因を持つ集団と持たない集団を一定期間追跡して、疾病率や死亡率を比較したもの)で、対象者の平均歩行速度は秒速0.88メートル(時速3.17キロ)でした。

その後5年間、4カ月毎にチェックをしたところ、秒速0.82メートル(時速2.95キロ)よりも速く歩く高齢男性は、それ以下の歩行速度の人たちよりも1.23倍死亡率が低いという結果が得られました。とりわけ、歩行速度が秒速1.36メートル(時速4.9キロ)より速い場合、5年間での死亡者はいませんでした。そこで、スタナウェイ氏らは「死神の歩行速度は、普段は秒速0.82メートル、最大速度は秒速1.36メートルで、死にたくない人にはこれ以上の速度で歩くことを勧めるとよい」と結論付けました。

時速4.9キロで歩けるのは、かなりの健脚者です。近年は高齢者の筋力低下が問題になっています。歩くのが遅くなる、転倒や骨折をしやすくなる、寝たきりになるなど、生活水準が著しく低下する懸念があるからです。この論文は歩行速度による生存分析を「死神」を使って分かりやすく説明したところに意義があります。

2. 『"血も凍るような"ホラー映画で血は固まるのか』(2015年、バンネ・ネメス氏ら)

ライデン大学医療センターの30歳以下24名が、約90分間のホラー映画と教育的な映画を1週間以上の間隔を開けて視聴しました。14名はホラー映画を先に、残り10名は教育的な映画を先に鑑賞しました。

交絡因子(調べたいもの以外の、結果に影響する要因)を避けるため、映画の上映日には、参加者はアルコールとタバコは禁止。さらに、迷信の影響も避けるために、満月の間と13日の金曜日には映画の上映は行いませんでした。それぞれの映画の視聴前後で血液凝固因子を評価したところ、第Ⅷ因子はホラー映画を見た後の方が有意に増加しました。

────────────
*1  1991年に始まったノーベル賞のパロディ版。「裏ノーベル賞」として知られる。賞の創設者マーク・エイブラハムズ氏は、「最初は笑えるが、その後考えさせる科学研究に贈る賞」と説明

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英スタンチャート、23年は18%増益 利益見通しは

ワールド

中国、辰年で出生数増加 人口減少緩和も=現地メディ

ワールド

アルメニア、ロシア主導軍事同盟への参加凍結=首相

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答えた

  • 4

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 7

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 10

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story