コラム

なぜ世界最高峰の医学誌BMJはクリスマスにハジけるのか?

2021年12月14日(火)11時30分

英語にも「血の凍るような(bloodcurdling)」という言葉があることに、まず親近感を持ちます。被検者数は少ないですが、有意(確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる)と言える結果が出たのは素晴らしいです。満月や13日の金曜日など、人々が気にしそうなホラー要素のある要因を消去したことをわざわざ言及することで、より冴えた面白論文となっています。

3. 『全部捕まえろ!ポケモンGOと若者の身体活動』(2016年、キャサリン・ヒュー氏ら)

ポケモンGOをプレイすることで、ゲームインストール後から6週間までの歩数がどのように変化するかを検証しました。被検者はアメリカにおけるアマゾンメカニカルターク参加者18~35歳で構成される1182名で、インストール前4週間の1日歩数とインストール後6週間の1日歩数を比較しました。

結果は、「トレーナーレベル5」まで到達した560人(47.4%)について、インストール前4週間で1日平均4256±2697歩歩いていたところ、インストール後初週で平均955歩、歩数が上昇しました。ただし、その後5週間かけてゆるやかにこの上昇幅は減少していき、インストール後6週間までにインストール前のレベルに戻りました。

ポケモンGOプレイヤーか否かの線引を「トレーナーレベル5」というゲーム用語でするところが、読者のツボをつきます。ゲームプレイヤーが最初の1週間は夢中に歩き回ってポケモンをゲットし、熱意が徐々に薄れていき、6週間後には日常に戻る。切なさを感じますが、「ゲーマーあるある」を如実に現した論文ではないでしょうか。

4. 『航空機からジャンプした時、死亡や主要外傷を予防するパラシュートの装着』(2018年、ロバート・イー氏ら)

パラシュートを装着と非装着の状態で飛行機からジャンプする、ランダム化比較試験です。2017年9月~18年8月までの期間で、18歳以上の92名の航空機乗客のうち同意した23名について、パラシュートあるいは空っぽのバッグを背負ってもらい、飛行機からジャンプしてもらいました。着陸直後に地面に衝突したときに観察された、死亡あるいは主要外傷を調べたところ、パラシュート装着と未装着には差がなかったという結果が得られました。

ただし、この実験は止まっている飛行機で行われ、平均0.6メートルの高さから飛び降りるものでした。イー氏らは「今回の実験ではパラシュートの装着効果はなかったが、高い高度からのジャンプについては慎重に解釈する必要がある」と結論に書き添えました。

歴代のクリスマス特集で「最もスベっている論文」と揶揄されるジョーク論文です。けれど、添えられた写真で見る限り被検者が楽しそうに実験に参加しているので、科学に親しんでもらう目的では成功したのではないでしょうか。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 10

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中