コラム

なぜ世界最高峰の医学誌BMJはクリスマスにハジけるのか?

2021年12月14日(火)11時30分

英語にも「血の凍るような(bloodcurdling)」という言葉があることに、まず親近感を持ちます。被検者数は少ないですが、有意(確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる)と言える結果が出たのは素晴らしいです。満月や13日の金曜日など、人々が気にしそうなホラー要素のある要因を消去したことをわざわざ言及することで、より冴えた面白論文となっています。

3. 『全部捕まえろ!ポケモンGOと若者の身体活動』(2016年、キャサリン・ヒュー氏ら)

ポケモンGOをプレイすることで、ゲームインストール後から6週間までの歩数がどのように変化するかを検証しました。被検者はアメリカにおけるアマゾンメカニカルターク参加者18~35歳で構成される1182名で、インストール前4週間の1日歩数とインストール後6週間の1日歩数を比較しました。

結果は、「トレーナーレベル5」まで到達した560人(47.4%)について、インストール前4週間で1日平均4256±2697歩歩いていたところ、インストール後初週で平均955歩、歩数が上昇しました。ただし、その後5週間かけてゆるやかにこの上昇幅は減少していき、インストール後6週間までにインストール前のレベルに戻りました。

ポケモンGOプレイヤーか否かの線引を「トレーナーレベル5」というゲーム用語でするところが、読者のツボをつきます。ゲームプレイヤーが最初の1週間は夢中に歩き回ってポケモンをゲットし、熱意が徐々に薄れていき、6週間後には日常に戻る。切なさを感じますが、「ゲーマーあるある」を如実に現した論文ではないでしょうか。

4. 『航空機からジャンプした時、死亡や主要外傷を予防するパラシュートの装着』(2018年、ロバート・イー氏ら)

パラシュートを装着と非装着の状態で飛行機からジャンプする、ランダム化比較試験です。2017年9月~18年8月までの期間で、18歳以上の92名の航空機乗客のうち同意した23名について、パラシュートあるいは空っぽのバッグを背負ってもらい、飛行機からジャンプしてもらいました。着陸直後に地面に衝突したときに観察された、死亡あるいは主要外傷を調べたところ、パラシュート装着と未装着には差がなかったという結果が得られました。

ただし、この実験は止まっている飛行機で行われ、平均0.6メートルの高さから飛び降りるものでした。イー氏らは「今回の実験ではパラシュートの装着効果はなかったが、高い高度からのジャンプについては慎重に解釈する必要がある」と結論に書き添えました。

歴代のクリスマス特集で「最もスベっている論文」と揶揄されるジョーク論文です。けれど、添えられた写真で見る限り被検者が楽しそうに実験に参加しているので、科学に親しんでもらう目的では成功したのではないでしょうか。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米は財政赤字削減を、税収増や社会保障改革再び提言へ

ビジネス

「マグニフィセント・セブン」過半が決算発表=今週の

ワールド

米国務長官、24─26日に訪中 中東・ウクライナ・

ビジネス

テスラ、中国でも約2000ドル値下げ 米国に続き
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 8

    あまりの激しさで上半身があらわになる女性も...スー…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story