コラム

LINEのAIプラットフォーム「Clova」の何がすごいのか解説しよう

2017年03月03日(金)09時11分
LINEのAIプラットフォーム「Clova」の何がすごいのか解説しよう

AIプラットフォーム「Clova」搭載のスマートスピーカー「Wave」  LINE

<LINEはなぜ、既に業界標準と言われているAmazonEchoと対決することを選んだのか?>

LINEは、AIプラットフォーム「Clova」でスマートフォンの次のパラダイムの覇権に挑戦することを決めた。そこに立ちはだかるのは、米EC最大手のAmazon。コミュニケーションこそがインターネットの目的という信念のもと、世界の強豪に対するLINEの2度目の挑戦が始まった。

スマホの次はボイス

Clovaは、LINEの日韓のエンジニアが協力して開発したAIプラットフォーム。LINEは、そのAIを搭載したスピーカー型デバイス「WAVE」を今年夏に、ディスプレイ搭載型デバイス「FACE」を2017年冬に発売する計画だ。

狙い撃つはAmazonのスピーカー型デバイスの「Amazon Echo(エコー)」と、それに搭載された音声AI「Alexa(アレクサ)」だ。

Echoは発売以来、数百万台が出荷されたと推計されているAmazonの大ヒット商品。しかし出荷台数より重要なのが、EchoやAlexaと連携するサードパーティのデバイスやアプリの数。既に8000以上のデバイスやアプリがEchoによって音声で操作することが可能だと言われている。

スマートフォンですべての家電製品の操作が可能な「スマートフォーム」を実現しようと、これまでシリコンバレーのテック大手を始め、世界中の大手家電メーカーがさまざまな標準技術を提唱してきた。

しかし標準化が一向に進まない中、Amazonがボイス機能を核に欧米の業界標準をあっという間に手中に収めたのだ。

発表、発売をEchoより先行させろ

そのEchoが日本でも年内に発売になるという噂がある。「エンジニアの引き抜きが始まった」「Amazonの技術を採用するよう大手メーカーを説得し始めた」という情報を耳にするようになったし、ハードウェア担当の広報パーソンや、日本語データ処理の担当者の人材募集も始まっている。

【参考記事】日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

米国のテクノロジー大手は、1年で最も消費が活発になるクリスマス商戦を念頭に置いて、初夏に新商品を発表し、秋に発売するパターンが多い。このパターンを日本でも踏襲するとすれば、Amazon Echoの日本国内での発売は秋、発表は初夏になる可能性が高い。

もしどこかの日本企業が対抗策を何も打ち出さないのであれば、ほとんどすべての家電メーカーやアプリ開発企業はAmazonになびき、日本市場もまたAmazonの手中に落ちることになる。

そうなる前に発表するしかない。タイミングは今しかない。LINE経営陣はそう判断したのだろう。

なぜ戦う方を選んだのか

しかしなぜLINEは、Amazonに対抗することを選んだのだろうか。AmazonはAlexaを無償で公開している。他の8000ものサードパーティと同様に、Alexaに準拠する方を選ぶほうが、ビジネス的には賢明なのではないだろうか。

プロフィール

湯川鶴章

ITジャーナリスト。
新聞配達から新聞記者になり、ネットメディアの立ち上げなどを経験したあとフリーに。SFならぬ「TF(テックフィクション)」というテクノロジーをベースにした近未来予測が専門。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

中国不動産投資、2017年は+7.0% 14年以来

ビジネス

中国の17年成長率は政府目標上回る6.9%、固定資

ワールド

米国務長官が来週訪英、「トランプ大統領は英国を軽視

ビジネス

米自動車大手、今年はピックアップに軸足 利益率で販

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 7

    H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 7

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 10

    新型aiboはワンコそっくり、でも難点が1つ

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!