コラム

生成AIでネット広告はどう変わるのか

2024年04月25日(木)16時50分
(写真はイメージです) LinkedIn Sales Solutions-Unsplash

(写真はイメージです) LinkedIn Sales Solutions-Unsplash

<次のネット業界の覇者は誰になるのか? AI新聞編集長の湯川鶴章氏による考察を紹介する>

*エクサウィザーズ AI新聞から転載

1995年。僕はシリコンバレーで駆け出しの新聞記者だった。地元紙でインターネットという聞き慣れない言葉を見つけた。よく分からないが、何か大きな変化の兆しを感じた。書店でインターネットの関する書籍を探したが、やっと一冊、タイトルにインターネットという単語を含む本を見つけた。しかしその中身は、インターネットの前身となった米軍のコンピューターネットワークに関する記述がほとんどで、最後のチャプターにインターネットはいくつかのネットワークを結ぶ「ネットワークのネットワークだ」という簡単な説明が載っていただけだった。

サンフランシスコのダウンタウンで、インターネットに関する有料セミナーが開催されることを知った。参加者はわずか十数人だった。講師は、大手電話会社の女性幹部で、彼女によると、コンピューターネットワーク上に情報が掲載されたページのようなものが数多く登場することになるだろうという話だった。

情報が掲載されたページ。イメージしずらかった。でももしそうしたページが数多く生まれてくればくるほど、欲しい情報に辿り着くのが困難になるような気がした。手を挙げて「情報ってどんなふうに探すことになるのですか」と聞いてみた。彼女は一瞬、沈黙した。そして「とてもいい質問です。私にもよく分かりません。ただ、その方法を見つけ出した人は大金持ちになると思います」と語った。

意外にも、その方法を見つけ出した人物が近くにいた。友人の一人である日本人女性の中国系アメリカ人の彼氏が、ネット上の情報ページをカテゴリーに分類して一覧できるサイトを作っていた。彼氏の名前はジェリー・ヤン、サイトの名前はYahoo! だった。セミナー講師の予言通り、Yahoo!を開発したジェリー・ヤンはその後、大金持ちになった。

情報ページはwebページと呼ばれるようになりネット上に溢れ出した。やがてYahoo!も人力でカテゴリー分けすることが物理的に無理になり、情報を検索する技術の開発競争が始まった。

頭角を現したのはGoogleと呼ばれるサイトだった。今ならWebページに何が書かれているのか、どのページが重要なのかは、言語AIが認識してくれる。しかし当時の言語AI技術は未発達で、使い物にならなかった。なのでGoogleは言語AIに一切頼らず、Webページの重要性を被リンクの数で判断するというシンプルな方法を採用した。多くのページからリンクが貼られているページには重要なことが書いてあるに違いない、という考え方だった。

この方法が非常にうまくいった。Googleはあっという間にに人気サイトの1つになった。ただマネタイズの方法が不明だった。ページ上に所狭しとバナー広告が張り巡らされているYahoo!と異なり、Goolgeの最初のページにはGoogleのロゴと検索窓があるだけ。バナー広告は一切なかった。「マネタイズをどう考えているのか」という質問にGoogleの経営者は「今はとにかくアクセスを集めるとき。マネタイズ方法はあとで見つかると思う」と語っていた。

そして見つかったマネタイズ方法が、検索連動型広告と呼ばれるものだった。ユーザーは欲しい情報を検索するのに検索キーワードを検索窓に入力した。このキーワードに関連する広告を表示するというのが、検索連動型広告だった。広告掲載の順番と広告料金は、特定のキーワードに広告を出稿したい広告主によるオークションの形式で決まった。

この検索連動型広告は抜群の広告効果を発揮し、Googleはインターネットの覇者となった。

それから20年。言語AIが大きく進化した。被リンクの数でページの重要性を推測しなくても、言語AIがページの内容や重要性を把握できるようになった。ユーザーが検索結果のページに掲載されるリンクを上から順にクリックし、リンク先のページを読んで、その中から必要な情報を探し出さなくても、チャット型AIに質問するとチャット型AIが答えを直接返してくれるようになった。

人力で情報をカテゴリー分けしていたYahoo!から、被リンクの数をベースにした技術で情報の検索を可能にしたGoogleのキーワード検索へ情報検索の主役の座が移行したように、今またキーワード検索からチャット型AIに主役の座が移行しようとしている。

問題はマネタイズ方法である。Googleが検索連動型広告というマネタイズ方法を見つけ出すまでにしばらくかかったように、チャット型AIもまだマネタイズ方法が見つけられていない。今、ChatGPTを初めとする多くのチャット型AIサービスが、月額20ドルのサブスクリプションを収入源にしている。恐らく、そうしたシンプルなサブスクとは別のマネタイズ方法が出てくるのだと思う。シンプルなバナー広告でもないと思う。検索連動型広告よりもさらに広告効果が優れていて、情報を提供したい企業と、その情報を求めている人をより正確に結びつけるような仕組みが、今の言語AIでできるのではないだろうか。

だれがその仕組みを思いつくのだろうか。恐らくGoogleではないと思う。Yahoo!がバナー広告の収益を捨ててまで検索連動型広告に乗り移れなかったように、Googleも同社の主な収入源である検索連動広告を捨ててまで、新しいマネタイズの仕組みに挑むことは難しいと思う。いわゆるイノベーションのジレンマと呼ばれる現象だ。

となると注目すべきはチャット型AI周りのスタートアップ企業だ。そう遠くない将来に、どこかのスタートアップがチャット型AIの新たなマネタイズの仕組みを見つけ出すことだろう。そのスタートアップが次のネット業界の覇者になるのか。Googleのようなテック大手がそのスタートアップを買収するのか。それは分からない。しかしその仕組みを思いついた人が今回も、「大金持ち」になるのは間違いないだろう。今回もだれか身近な人がその仕組みを思いつかないだろうか、と期待している。

だれかがその仕組みを思いついたとき、広告、マーケティング業界が激変する。それは多くの人にとってチャンスでもあり、リスクでもある。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story