コラム

テロ後も変わらないロンドンの日常

2017年04月20日(木)10時40分
テロ後も変わらないロンドンの日常

休日のハイドパークには大勢のロンドン市民が集う aprott-iStock.

<先月22日にロンドン中心部を襲ったイスラム過激派のテロ。しかしその後もロンドン市民は恐怖に屈することなく、イギリスの政治システムのもとで自由を謳歌している>

日曜にロンドンで目覚めると、それは時に訪れるような完璧な春の日だった。「今年最高気温」の日だったが不快なほど暑くはない。25度でカラッとしていて、長い冬の後ようやく訪れた春のなか、やさしい風と雲一つない空が続いていた。

僕が滞在していたベイズウォーターの友人の家から、僕がこれから行こうとしていたサマセットハウスまでは歩いて90分。バスに乗ることもできたが、こんな日には歩くのが純粋に楽しい。

そのうえ、新聞を見るとこの陽気は長続きしなそうだ。月曜には寒さが戻るようだが、この週末は楽しむにはうってつけ。だから、周りを見渡すと僕と同じ考えの人がたくさん外出しているようだった。

空を見上げると、このヨーロッパ最大の観光都市に降り立つ飛行機が横切っていた。

サマセットハウスまでの最短ルートは、ハイドパークを通る道だ。ここは25万人が混雑もなく入れるくらい大きな公園だけど、それでもところどころは見るからに混みあっていた。人々は暑い日には水場にたむろしたがるから、サーペンタイン・レイクやダイアナ妃記念噴水の周りはとても人が多かった。

【参考記事】英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変わるか?

女性たちはビキニ姿で日光浴。下着姿になっている男性たちもいた。カップルは手を取り合い、キスをする。絶好の天気では、人々も熱を上げやすくなるものだ。シードルやラガーやワインでピクニックをしている人たちが何グループもいた。その顔触れはあまりに多国籍でいろいろななまりが飛び交っているから、僕は生粋のロンドンっ子の割合はかなり低いんじゃないかと思った。

ハイドパーク・コーナーの横断歩道のところで、騎馬警官にでくわした。馬に乗った警官は直線道路「ザ・マル」を進み、ウェリントン・アーチまではどんどん先に行っていたのに、その後はザ・マルの半ばまでに僕が何度も何度も彼に追いついた。

馬の歩くスピードは人の2倍はあるはずだけど、警官は100メートルごとくらいに観光客から呼び止められ、写真を撮らせてと言われてはそのたびに馬を止めてポーズを取っていたからだ。人々はまるで初めて馬を見たとでもいうように馬をなで、笑顔になっていた。

僕は、バッキンガム宮殿からトラファルガー広場へと続く長くて広いこの「ザ・マル」を何度も歩いたことがある。でもこのときほど楽しんだことはなかったと思う。その日は歩行者天国になっていて、道の真ん中を歩くと両サイドの美しい風景が楽しめた。

右側には、遠くのビクトリア・タワー(ウェストミンスター宮殿の西端にある)のてっぺんに英国旗が見えた。左のまっすぐ先を見ると、建物の白さに目を奪われた(英王立協会とアドミラルティ・アーチだ)。僕が子供の頃は、ロンドンの大理石は排ガスと手入れ不足で薄汚れていたが、今では磨きあげられ、そのときは陽光に光り輝いていた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『新「ニッポン社会」入門――英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『「ニッポン社会」入門』(NHK生活人新書)、『「イギリス社会」入門』(NHK出版新書)など。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏の1行、資本要件満たさず=ECB年次報告

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

18年大胆予測、日銀YCC放棄 1ドル100円に=

ビジネス

中国の中央経済工作会議が開幕、来年の計画策定へ=新

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 10

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!