コラム

テロ後も変わらないロンドンの日常

2017年04月20日(木)10時40分
テロ後も変わらないロンドンの日常

休日のハイドパークには大勢のロンドン市民が集う aprott-iStock.

<先月22日にロンドン中心部を襲ったイスラム過激派のテロ。しかしその後もロンドン市民は恐怖に屈することなく、イギリスの政治システムのもとで自由を謳歌している>

日曜にロンドンで目覚めると、それは時に訪れるような完璧な春の日だった。「今年最高気温」の日だったが不快なほど暑くはない。25度でカラッとしていて、長い冬の後ようやく訪れた春のなか、やさしい風と雲一つない空が続いていた。

僕が滞在していたベイズウォーターの友人の家から、僕がこれから行こうとしていたサマセットハウスまでは歩いて90分。バスに乗ることもできたが、こんな日には歩くのが純粋に楽しい。

そのうえ、新聞を見るとこの陽気は長続きしなそうだ。月曜には寒さが戻るようだが、この週末は楽しむにはうってつけ。だから、周りを見渡すと僕と同じ考えの人がたくさん外出しているようだった。

空を見上げると、このヨーロッパ最大の観光都市に降り立つ飛行機が横切っていた。

サマセットハウスまでの最短ルートは、ハイドパークを通る道だ。ここは25万人が混雑もなく入れるくらい大きな公園だけど、それでもところどころは見るからに混みあっていた。人々は暑い日には水場にたむろしたがるから、サーペンタイン・レイクやダイアナ妃記念噴水の周りはとても人が多かった。

【参考記事】英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変わるか?

女性たちはビキニ姿で日光浴。下着姿になっている男性たちもいた。カップルは手を取り合い、キスをする。絶好の天気では、人々も熱を上げやすくなるものだ。シードルやラガーやワインでピクニックをしている人たちが何グループもいた。その顔触れはあまりに多国籍でいろいろななまりが飛び交っているから、僕は生粋のロンドンっ子の割合はかなり低いんじゃないかと思った。

ハイドパーク・コーナーの横断歩道のところで、騎馬警官にでくわした。馬に乗った警官は直線道路「ザ・マル」を進み、ウェリントン・アーチまではどんどん先に行っていたのに、その後はザ・マルの半ばまでに僕が何度も何度も彼に追いついた。

馬の歩くスピードは人の2倍はあるはずだけど、警官は100メートルごとくらいに観光客から呼び止められ、写真を撮らせてと言われてはそのたびに馬を止めてポーズを取っていたからだ。人々はまるで初めて馬を見たとでもいうように馬をなで、笑顔になっていた。

僕は、バッキンガム宮殿からトラファルガー広場へと続く長くて広いこの「ザ・マル」を何度も歩いたことがある。でもこのときほど楽しんだことはなかったと思う。その日は歩行者天国になっていて、道の真ん中を歩くと両サイドの美しい風景が楽しめた。

右側には、遠くのビクトリア・タワー(ウェストミンスター宮殿の西端にある)のてっぺんに英国旗が見えた。左のまっすぐ先を見ると、建物の白さに目を奪われた(英王立協会とアドミラルティ・アーチだ)。僕が子供の頃は、ロンドンの大理石は排ガスと手入れ不足で薄汚れていたが、今では磨きあげられ、そのときは陽光に光り輝いていた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『新「ニッポン社会」入門――英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『「ニッポン社会」入門』(NHK生活人新書)、『「イギリス社会」入門』(NHK出版新書)など。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ビジネス

NAFTA再交渉、来年まで妥結持ち越し 基本問題で

ワールド

北朝鮮、中国共産党大会に祝賀メッセージ

ビジネス

英首相がEU閣僚と夕食会、EUは一段の譲歩要求

ワールド

米政府、最終的な米朝直接対話の可能性を排除せず=国

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 7

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 8

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!