最新記事
ウクライナ戦争

屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

HIMARS Strike Wipes Out Concentration of Russian Troops, Video Shows

2024年2月23日(金)15時41分
イザベル・ファン・ブリューゲン
米軍のHIMARS(高機動ロケット砲システム)

米軍のHIMARS(高機動ロケット砲システム)(2022年9月) U.S. Army photo by Sgt. Lianne M. Hirano via ABACAPRESS.COM

<ウクライナ軍のHIMARSによる攻撃の瞬間とされる映像には、兵士が集まる場所で大規模な爆発が起きる様子が捉えられている>

ウクライナ南部ヘルソン州のロシア支配地域で2月21日、ウクライナのHIMARS(高機動ロケット砲システム)による攻撃で多数のロシア軍兵士が死亡したと、ウクライナメディアが報じた。テレグラムには、この攻撃の様子だとされる映像が公開されており、そこには開けた場所に集まった兵士たちが爆撃を受け、爆発に巻き込まれる瞬間が捉えられている。

■【動画】閲覧注意:HIMARS「ロケット砲」攻撃が、集合したロシア兵士たちに「直撃」...衝撃の瞬間映像

この報道の数時間前には、ウクライナ東部の前線近くで、同国がHIMARSで訓練場を攻撃し、ロシア兵数十人が死亡したと伝えられていた。ウクライナは米国から供与されたHIMARSにより、ロシアの最新鋭対空ミサイルシステムを破壊している。2023年10月には、HIMARSによるロシア軍大隊への攻撃直後の様子とされる映像が公開された。

ウクライナのOSINT(オープンソース・インテリジェンス)プロジェクト「ディープステート」は、この攻撃はロシア占領下のヘルソン州にあるポド・カリニフカ村に近い訓練場に対して行われたと伝えた。BBCロシア・サービスも、ウクライナ特殊部隊の情報筋の話として、同地で攻撃が実行されたと報じた。

なおテレグラム上の攻撃映像について、信ぴょう性は確認できておらず、本誌はロシアとウクライナの当局に電子メールでコメントを求めている。

ウクライナメディア「Zerkalo Nedeli」は、一連の攻撃で少なくとも60人のロシア兵が死亡したと伝えている。クレムリンはこの攻撃についてコメントしていない。

HIMARSで連日攻撃、ロシア兵を「一掃」

ウクライナ人活動家セルヒー・ステルネンコはX(旧ツイッター)への投稿で、「ヘルソン州のポド・カリニフカ近くで多数のロシア兵が一掃された」と記し、HIMARSの攻撃で「全員は生き残れない」と述べた。

キエフ在住の外交アナリストで安全保障専門家でもあるジミー・ラシュトンは、「ウクライナのHIMARS/GMLRS(誘導式多連装ロケットシステム)が、訓練場に集まっていたロシア兵を攻撃した。今回はヘルソン州だ」と述べ、「かなりの数の死傷者が出ているのは明らかだ」と指摘した。

これに先立ち、ウクライナ南部の政府高官セルゲイ・ブラチュクは、同国軍が東部ドネツク州ボルノバーハに近いロシア軍の訓練場をHIMARSで攻撃したと明らかにしていた。ブラチュクは2月20日、ロシアの第39独立機動ライフル旅団の部隊が駐屯していたトルドウスケ村近くで、攻撃によりロシア兵約65人が死亡したとテレグラムに投稿した。

ブラチュクは、HIMARS攻撃の「結果」だとする生々しい映像を公開したが、映像の信ぴょう性は確認できていない。

またBBCロシア・サービスは、複数の匿名の情報筋の話として、ウクライナ軍が複数のミサイルを使用して攻撃を行ったと報じている。

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

スペースXの米スパイ衛星網構築計画、ノースロップが

ワールド

米高官、ラファ侵攻計画に懸念表明 イスラエルと協議

ワールド

イスラエルの長期格付け、「A+」に引き下げ =S&

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中