コラム

Edge of Europe コリン・ジョイス

イギリスで進む「脱」民営化

<サッチャーが経済効率のために導入した公営事業の民営化だが、今や公営企業の方がサービスが充実してしっかり顧客ニーズに対応しているケースは多い

2017.02.17

「ブレグジット後」の経済予想が外れまくった理由は?

<ブレグジット決定後のイギリス経済は、大方のエコノミストの予想に反して好景気が続いている。今年にふさわしい言葉は、エコノミストは信用できない

2017.01.27

「ぼったくりイギリス」から逃げられないカラクリ

<「ぼったくりイギリス」にも逃げ道はある。電気・ガスは毎年契約を切り替え、電車賃は事前にネット予約し、銀行口座は分散させて毎月貯金を移動させ

2016.12.22

光熱費、電車賃、預金......ぼったくりイギリスの実態

<なぜイギリス人はいつも怒っているのか? それはイギリスで生活していると、異常なほど高額の「ぼったくり」に、しょっちゅう遭遇するからだ>(写

2016.12.08

トランプ勝利で実感するイギリス君主制の良さ

<エリザベス女王を国家の象徴とするイギリス政治はこれまで「古くさい」と言われてきたが、アメリカ大統領選でトランプが勝利したのを見れば、あらた

2016.11.18

タブーだった「嘘」という言葉をばらまき始めたイギリス人

<英社会を二分したブレグジットの国民投票以降、イギリスではそれまで避けられてきた、相手の発言を「嘘だ」と断言することが普通になってしまった>

2016.10.20

最大野党(のはず)の英労働党が崩壊寸前

<イギリスの野党・労働党党首にジェレミー・コービンが再選された。しかしコービンはあまりに左翼的で、筋金入りの社会主義者にしか受けず、中間層の

2016.10.06

それで、スコットランドは独立するの?

<イギリスのEU離脱が決まった今、スコットランドの独立は必然という見方がある。しかし原油価格の低迷で経済の先行きは不透明となり、ブレグジット

2016.09.01

女性政治家を阻む「ガラスの天井」は危機下にもろくなる

<企業や組織が危機に陥っている時には、女性トップの就任を妨げる「ガラスの天井」は消えるらしい。政治的混乱が続くイギリスでは今、首相からスコッ

2016.07.19

離脱派の勝利で激動するイギリスの今

<国民投票でEU離脱派が勝利して以降、イギリスでは日々政治情勢が激変している。一方で、離脱が多数派だったイングランドを心が狭いと非難する声が

2016.07.07

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    アメリカ流「餃子の作り方」に物申す⁉

  • 2

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 3

    原油が世界中からアジアに集結 OPEC減産で長距離輸送でも妙味

  • 4

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が…

  • 5

    広がる仮想通貨 本格利用に「差し押さえ」など法的…

  • 6

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 7

    ついに中国で成立した「トランプ」商標登録

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の…

  • 10

    トランプ提唱の国境調整税、輸出入とも阻害の恐れ=…

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 4

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 5

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 6

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 7

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 8

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 9

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が…

  • 10

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 4

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 8

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!