コラム

価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

2024年04月17日(水)13時12分
静岡県の川勝知事の辞任で注視されるリニアの山梨県でのテスト走行

それを造れば、需要は来る?(山梨県でのリニアのテスト走行) CARL COURT/GETTY IMAGES

<日本のリニア計画であれイギリスの高速鉄道HS2であれ、政府や大企業は反対派を蹴散らして高額な大プロジェクトを推し進めがちだが、冷静に必要性を考えると...>

先日、いとこの誕生日パーティーに出掛ける時に失敗を犯した。会場はロンドン方面直通の路線に乗ってわが家から1時間くらいのところなので、僕はその日の午後6時頃に仕事を終え、「行けるだろう」と思ってしまった。

イングランド在住者なら誰でも、この話のオチが予想できるだろう。まず、電車が「信号機故障」により駅間で何度も止まりながら走行したので、会場には遅れて到着した。次に、帰りの電車5本が全て運休になったことが判明した。代わりのバスもなく、駅員も代替手段を教えてくれず、結局タクシーに180ポンド(約3万5000円)払う羽目になった。それからやきもきした2週間がたち、やっとのことで補償金を受け取れた。

この手の災難は珍しいことではなく、もっと小さな遅延や不便は電車ではよくあることだ。今回の場合は、風で架線が破損したことが原因だった。言うならばその日は「暴風」というより「風が強い」程度。イギリスの鉄道網は基本的に「日常的な天候」に対してあまりに脆弱すぎるように思える。もっと金をかけて投資し、維持管理に努めれば確実にインフラを強化できるだろうに、公的資金は常に、価値も疑わしく莫大なコストのかかる壮大な新プロジェクトのほうにばかり注がれているようだ。

こうした「大プロジェクト偏向」は、イギリスの高速鉄道HS2や、日本のリニア中央新幹線に見受けられる。政府や大企業は反対派を蹴散らし、地方部にまたがる建設工事という犠牲をかけてでも、目覚ましい躍進を成し遂げようとするのだ。

利用者が望むのはむしろ細かな改善

ほとんどのイギリス人利用者が望むのはむしろ、単純に既存の列車システムがもっと時間に正確できちんと運行してくれるように改善されることだろう。同様に、2012年に開催された壮大なロンドンオリンピックより、その後10年というものイギリス全土でどんどん閉鎖されている市営プールや地元スポーツ施設にお金を使った方がよかったのではないかと、人々は疑問に感じている。僕たちは大規模プロジェクトの予算や期間をかなりシニカルに見守っている。とんでもなくコストが膨れ上がり、遅延が拡大することをよく分かっているからだ。

個人的には、最近乗ったグラスゴー行きの電車が約6時間もかかったのはそんなに問題ではなかった。それよりよほど問題だったのは、後続の列車が(「人員不足により」)運休したために予約していた多くの乗客が僕の列車に殺到して大混雑になったことだった。おかげでトイレに行くのは障害物コース状態。帰りの電車は30分遅れたうえ、Wi-Fiがダウンして仕事もできなかった。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 8

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 10

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story