最新記事
ネットで話題

どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる4択クイズ

Which of These Faces Are You Attracted To? Here's What Each One Means

2024年4月29日(月)12時00分
アリス・ギブス
marypatross-TikTok

marypatross-TikTok

<TikTok動画をきっかけに2006年の心理学研究が再び話題に>

米コーネル大学で心理学を研究する大学院生がTikTokに投稿した動画をきっかけに、人がパートナーに求める性格と、魅力的だと思う顔を関連付けた2006年の心理学研究が改めて脚光を浴びている。

話題の動画はメアリー・ロス(@marypatross)がTikTokに投稿し、視聴者に単純な質問を投げかけた。この4人の男性のうち、デートするならどの相手?

ロスは続いて、この研究の結果を明らかにした。自分が恋愛対象に求める性格的特徴に結びつく身体的特徴をもし相手が持っていれば、人はその相手の顔を魅力的と思う傾向があるという。

もともとの研究では、コンピュータグラフィックスを使って被験者が好ましいと思う性格に基づく顔写真を合成。コンピュータで生成された異性の顔の魅力度を100人の被験者がランク付けし、好ましいと思う性格についてのアンケートに答えた。

結果は非常に興味深かった。被験者はそれぞれが、積極性、おおらかさ、気楽さ、温厚さなど、自分が好む特徴を持っていると見なした顔ほど、圧倒的に魅力的と認識していた。

これを発表した研究者の1人、アンソニー・リトルは「この調査をこれほど身近な形で共有してもらえて大変うれしい」と本誌に語り、最初に発表した2000年代半ばの時点では、これほど広く共有するのは不可能だったと振り返った。

リトルは今もこの分野の研究を続けており、人の顔と顔から引き出す情報に関する研究プロジェクトのために、自身のサイト「alittlelab」でデータを収集している。ユーザーが同サイトから調査に参加することもできる。

ロスは動画の中で顔写真を見せた後に、この研究の背景となる理論を説明し、自分は絶対に男性Dを選ぶと打ち明けた。この動画は800万回以上も再生されている。

ロスがTikTok動画で紹介したのは男性の顔のみだったが、調査の際は男性と女性の両方について実験を行っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

3月改定景気動向指数、一致指数は前月比+2.1ポイ

ワールド

朝鮮半島問題の解決、努力することで一致=日中韓サミ

ビジネス

ECB、6月に利下げ開始の可能性=フィンランド中銀

ワールド

米下院外交委員長、台湾総統と会談 「兵器納入は間近
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中