最新記事
パズル

クロスワードパズルの答えが「わからない」「難しすぎる」とネットで話題...あなたは正解できる?

Dad Stumped by Four-Letter Answer in Kids' Animal-Themed Crossword Puzzle

2024年3月21日(木)15時40分
ジャック・ベレスフォード
(写真はイメージです) Photology1971-Shutterstock

(写真はイメージです) Photology1971-Shutterstock

<そのクロスワードパズルは飲食店でセットメニューの一部として渡されたものだという>

子供向けの未完成クロスワードパズルをめぐってネットが膠着状態になっている。最後まで答えが出ない部分については最悪を恐れる声もある。

【画像】「わからない」「難しすぎる」とネットで話題のクロスワードパズル

クロスワードパズルは100年以上前から存在していた。初めて登場したのは1913年のニューヨーク・ワールド紙。その20年ほど前に米国へ移住した英国人ジャーナリスト、アーサー・ウィンが生みの親だった。

今もクロスワードパズルは米国で広く親しまれ、世代を越えて楽しめる娯楽として定着している。

世論調査機関のスタティスタとユーガブが2023年に行った調査によると、クロスワードはベビーブーム世代の間で人気が高く、62%が今も夢中になっている。余暇にクロスワードを楽しんでいるという人は、X世代(69%)とミレニアル世代(70%)でさらに多かった。

そうした理由もあって、シアトル在住の男性が「u/n44m」のハンドル名でSNSのレディットに投稿したパズルに注目が集まった。男性が困った末に共有したのは、フロリダ州の飲食店でセットメニューの一部として息子に手渡されたクロスワードパズルだった。

クロスワードは4つの単語で構成され、それぞれヒントとして動物の絵が付いている。このうち牛(cow)、馬(horse)、羊(sheep)の3つは絵を手がかりに答えが記入してあった。問題は、一部しか記入されていない4つ目だった。

答えは4文字で構成される単語でなければならない。しかし絵に描かれたブタのpigは3文字しかない。

このパズルをレディットに投稿した父親は本誌の取材に対し、友人や家族と食事しながら「全員が子供のパズルに夢中になった」と打ち明けた。

答えをめぐって意見は完全に割れたといい、「私たちの半分は『ポーク(pork)』が答えだと考え、残る半分はクロスワードの設計に誤りがあるという結論に至った」

意見の違いはあっても、男性は自分の答えにかなりの自信を持っている。たとえそれが、クロスワード界全体に暗い影を落とす答えだったとしても。「答えはporkだろうと思う。ただ、このパズルのほかの答えが動物の名で、肉の名前ではないことを考えるとおかしい」

確固たる答えを求めて男性はパズルの写真をレディットに掲載した。だが寄せられた反応は一致とはほど遠かった。

複数形の「pigs」が答えだと考えるユーザーもいれば、(クロスワードに描かれたブタの絵は1匹だけだったが)、「Pigg。最後のgは無音」という冗談を書き込んだユーザーも。

答えはporkかもしれないという意見にざわつく声もあった。「なぜpork? 確かにそれが答えなのかもしれないし、もしほかの答えがbeefやlambやmuttonで、horseがchickenだったら筋は通る。pigはporkじゃない。pigの肉がporkだ。自分にとっては」

混乱が続いて確固たる答えが出ない中で、投稿者の男性は、たとえ結論が出なかったとしても「全部のコメントを読むのは楽しい」と話す。

子供のパズルが大人たちの頭をひねらせたのは今回が初めてではない。過去にもSNSに投稿された間違い探しゲームや脱出不可能に思える迷路ゲームが同じような反響を呼んだほか、別の子供向けクロスワードが人々を混乱に陥れたこともあった。

(翻訳:鈴木聖子)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国新規銀行融資、4月は予想を大幅に下回る M2伸

ワールド

仏総選挙、極右勝利なら金融危機も 財務相が警告

ビジネス

三菱UFJ銀と系列2証券に処分勧告、違法に情報共有

ビジネス

ECB、指標が予想通りなら利下げ継続可能=ラトビア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 8

    ジブリの魔法はロンドンでも健在、舞台版『千と千尋…

  • 9

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らか…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中