Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2024.4.30号(4/23発売)

特集:世界が愛した日本アニメ30

2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

Cover Story

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

エンタメ 世界が日本アニメを愛する理由
代表作 世界を変えた日本アニメ30
解説 なぜ日本マンガが北米で空前の人気に?
追悼 「鳥山明ワールド」は永遠に
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

中国の特色あるAIがiPhoneに

テクノロジー 中国製の生成AIが中国向けアップルスマホに搭載される?

独サッカーがアディダスと決別

スポーツ 70年以上の提携を解消してナイキにくら替えしたお家事情
【Periscope】
INDIA 総選挙で勝利確実のモディと与党の不安要素
UNITED STATES ボーイング内部告発者が爆弾発言
CHINA 中国人専門家が「ロシア敗北」予測の衝撃
NIGER ニジェールで反米加速、接近するのはあの国
【Commentary】
政治 自民が下野する政権交代はあるか ── 河東哲夫
日本 6年ぶり訪問で新しい日本を見た ── グレン・カール
分析 インド経済は過大評価されている ── 魏尚進
風刺画で読み解く「超大国」の現実 ロシアと抱き合う中国の本音 ─── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 円安はなぜ止まらないのか? ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 鬱陶しい夫の母親に困惑しています
【World Affairs】
中東 ネタニヤフと抱擁したバイデンが払う代償
戦略 まさかのイスラエル支援、アラブ諸国の皮算用
米司法 やっと始まったトランプ裁判の重さ
ミャンマー 国軍が連戦連敗でも反政府勢力のジレンマ
東アジア 北の極超音速兵器がゲームを変える
【Features】
米社会 「大卒未満」の人間は二等市民なのか
Q&A 勤勉な者が報われる国づくりの処方箋
【Life/Style】
Celebrity メーガンの新ブランド成功に必要なもの
Movies アカデミー賞監督のスピーチ格差
Drama 希釈されたネトフリ版『リプリー』
Health 孫との触れ合いに潜む肺炎球菌リスク
My Turn 「世界一幸福な国」に学ぶ幸せ探し
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 写真の力で混迷を増す世界を捉えて
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 大谷選手と「ボス」になれない日本人 ── 石野シャハラン
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中