最新記事
月探査船

NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

NASA Solves Moon-Crossing Object Mystery

2024年4月10日(水)16時20分
トム・ノートン

月面上空を飛ぶ未確認飛行物体? NASA/GSFC/ARIZONA STATE UNIVERSITY

NASAが、月面を横切る平たいUFOのような画像を公開。実はこれは、時速数千キロで月の上空を飛行する韓国の月探査機の画像だと明かした。

アメリカの政治家や一般市民はこのところ、宇宙熱を高めている。4月8日の皆既日食フィーバーはもちろん、昨年は、カメラが捉えた未確認飛行物体についてアメリカが把握していることを明らかにするため公聴会が開かれ、新しいグループも立ち上げられた。

【動画】北米で皆既日食、闇に包まれるナイアガラの滝、地球を覆う月の影

そんななかNASAは、月の上空を飛行する別の宇宙船から韓国の月探査機を撮影することに成功したと発表した。

15年にわたって月を周回しているNASAの月探査機「ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)」が、2024年3月5日から6日にかけて、ほぼ平行した軌道を周回する韓国航空宇宙研究院の月探査機「タヌリ」を撮影したのだ(タヌリは2022年8月、スペースXの「ファルコン9」ロケットを使用してフロリダ州のケープカナベラル宇宙軍施設から打ち上げられた)。

一連の画像は白黒で、月面を横切る汚れのようなものが映っている。LROは、LRO軌道の下8〜4キロのさまざまな距離で、タヌリを捉えることに成功した。NASAによれば、LROは月の約50キロ上空を周回している。

2機の相対速度は秒速3.2キロ

LROは2009年、NASAのゴダード宇宙飛行センターから打ち上げられた。目的は、地球から最も近い天体である月の表面を調査し、月そして地球の起源と進化に関する基本的な疑問の答えを探ることだ。今回の画像は、LROカメラ(LROC)に装備された狭角カメラが、タヌリを記録できる距離まで接近した3周回のあいだに、その瞬間を捉えた。短時間露光で撮影したものだが、タヌリの姿はぼやけており、単なる汚れのように見える。

LROカメラチームによれば、2機の相対速度は秒速3.2キロと非常に高速で、カメラを適切なときに適切な方角に向けるには「絶妙な」タイミングが必要だったという。

セントルイス・ワシントン大学の地球環境惑星科学准教授ポール・バーンはX(旧ツイッター)で、「タヌリは薄い板状の宇宙船ではなく、ごく普通の探査機だ。しかし、すごい速さで移動しているため、LROCのセンサーでは薄い汚れのようになってしまう」と説明している。

バーンは、LROチームが補正したクリアな画像もオンラインスレッドに掲載した。

なお、タヌリのほうも2023年春、LROを撮影している。約17.7キロ上を飛行するLROをカメラに収めたのだ。NASAのシャドーカムで撮影し、今回と同じようなぼやけた画像をもとに、軌道を移動するLROの高解像度シミュレーションが作成された

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発で寄り付く、エヌビディア決算受け半導

ビジネス

米オープンAI、ニューズ・コープとコンテンツ契約

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、再度IPO撤回 債務借

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中