最新記事
韓国

韓国政治がスキャンダルに沈む...尹錫悦大統領の「ディオール論争」と、野党代表の「不正・収賄疑惑」

Political Mess in Seoul

2024年2月21日(水)20時53分
キム・ヒョンア(オーストラリア国立大学名誉准教授)
韓国の尹錫悦大統領

妻のスキャンダルをめぐり与党内からも批判が生じている尹大統領(右) KOREAN PRESIDENTIAL OFFICEーREUTERS

<4月の総選挙と次期大統領選を前に、どちらもスキャンダルにはまった韓国の与野党が国民の激しい反発に直面している>

韓国政界の「ゼロサムゲーム」は、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の妻がクリスチャン・ディオールのバッグを知人から受け取ったという「金建希(キム・ゴンヒ)リスク」をめぐって泥沼状態に陥っている。皮肉なことにこのスキャンダルのせいで、2027年の大統領選の前哨戦となる4月10日の総選挙を前に尹と与党「国民の力」だけでなく、最大野党「共に民主党」もリーダーシップが試されている。

国会で過半数を握る民主党は、金に対する捜査を行う特別検察官を任命する法案を可決した。それに対し、尹が1月上旬に拒否権を行使したことで、与党支持者の間でも金に対する疑念が高まっている。

尹政権と与党は、22年5月の就任以来、30%台半ばで推移する尹の支持率の低さに悩まされている。国民の不満は、昨年10月に行われたソウル市の区長補欠選挙で与党の大敗を招いた。それを受けて尹は、「国民は常に正しい」と異例の早さで謝罪。国民の力は、韓東勲(ハン・ドンフン)法相(当時)を暫定的な党トップの非常対策委員長に任命した。

総選挙は接戦となる見込みで、かつてなく予測不可能だと識者らは指摘する。多くの専門家は、与党の最大の問題は尹にあると考えている。

なによりも、尹の独善的な政治手法が問われている。それは党との「主従」関係(尹が「主人」だ)だけでなく、大統領夫人による「権力の私物化」の疑惑についてもだ。

与党の「尹錫悦リスク」

エムブレインパブリックなど4つの調査機関が共同で実施した世論調査によると、尹が特別検察官を任命する法案に拒否権を行使したことは「誤った判断」だと回答者の65%が答えた。

この調査結果は、いわゆる「ディオール論争」に対する強い国民感情を反映している。金は、在米韓国人牧師から高価なディオールのバッグを受け取るところを隠し撮りされ、その映像をリベラル系ネットメディア「ソウルの声」が昨年11月にYouTubeで公開した。尹はこれをはねつけたが、金に謝罪を求める声が与党内に広がり、尹と韓が真っ向から対立した。

尹にとっての「金建希リスク」は、与党にとっての「尹錫悦リスク」になっている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、経済指標や企業決算見極め

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発言受け

ビジネス

ネットフリックス、第1四半期加入者が大幅増 売上高

ビジネス

USスチール買収計画の審査、通常通り実施へ=米NE
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中