コラム

日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

2019年12月20日(金)12時00分
日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

Kim Hong-Ji-REUTERS

<不買運動以前、なぜ韓国人は年間700万人も日本に殺到していたのか。その答えは韓国語で「カソンビ(価性比)」の良さにある......>

この夏以降、日本の戦略物資輸出規制に対する対抗措置として韓国内で大規模な「日本(製品)不買運動」が続いている。具体的には日本のブランド、日本製商品に対する不買運動、そして日本旅行を中止するボイコット運動などだ。しかし、この運動は非常に「感情的」なもので、その過程で笑えるハプニングも続出した。日本不買運動を取材するカメラが全部日本製だったり、不買運動のイベントで舞台に上がったバンドが日本製楽器で演奏していたり、どうみても即興的で感情的だったという印象を捨てられない。

韓国内でもこのような感情的な運動は問題解決の役に立たないという「無用論」を主張する人たちが冷静な対応を訴えたが、殆どのメディアは日本不買運動が大きな成果をあげたかのように報じた。メディアがその根拠として挙げたのは、訪日韓国人の急減だ。例えば2018年10月の1ヶ月間訪日韓国人は57万人だったが、今年の同期は19万人に急減、-65%を記録したのだ。しかし、冷静になってよく見れば韓国側の狙いが効いたとはいえない。1月から10月までの統計を見ると日本を訪問する外国人観光客の数は去年に比べ3.1%増加したからだ。

不買運動前にはなぜ日本を訪れる韓国人が多かったのか

韓国は日本不買運動がいかに日本にダメージを与えているかだけを気にしているが、忘れていることがある。輸出規制による日韓の衝突の前にはなぜ日本を訪れる韓国人が多かったかという点だ。なぜ韓国人は年間700万人も日本に殺到していたのか。その答えは韓国語で「カソンビ(価性比)」の良さにある。価性比とは「価格対比性能」の意味で、支払った金額に対して得られる性能(満足)のことである。日本語でいうなら「コストパフォーマンスが良かった」といえるかも知れない。つまり同じ金額を支払った場合、他国では得られない満足度があったのだ。

片道2時間ほどの短い距離、LCC路線の増加で割安な航空券、そして韓国内の物価上昇で近年は日本に来ても「思ったより安い」と感じる韓国人が多くなった。それに韓国では楽しめない「味」「見物」「サービス」に韓国人は魅了されたのだ。それは他の国に比べ日本を訪れる「リピーター」が多いことからも分かる。

「日本旅行より国内旅行の方が嫌いになりそう」

しかし、日本不買運動が盛り上がりを見せると日本を訪問する人たちは社会的なバッシングを受け、親日派だと批判されるようになり、訪日韓国人は激減した。そこで、彼らが代替品として選んだのはアジアや韓国内の観光地だ。しかし、少なくとも韓国内の観光は完全な代替品になれなかった。日本旅行に比べて満足度が低かったのだ。

プロフィール

崔碩栄(チェ・ソギョン)

1972年韓国ソウル生まれソウル育ち。1999年渡日。関東の国立大学で教育学修士号を取得。日本のミュージカル劇団、IT会社などで日韓の橋渡しをする業務に従事する。日韓関係について寄稿、著述活動中。著書に『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館新書)『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』(彩図社刊)等がある。

キーワード

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    3年前に亡くなった7歳の娘と「再会」 韓国、VRを使った…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 9

    性的虐待への巨額賠償が、米ボーイスカウト連盟を破…

  • 10

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!