最新記事
ウクライナ戦争

一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドローンを「空対空ミサイルで撃墜」の瞬間映像が拡散

Ukrainian fighter jet downs Russian drone with air-to-air missile: video

2024年4月28日(日)13時00分
ブレンダン・コール
ウクライナのミグ29戦闘機

ウクライナのミグ29戦闘機 Gleb Garanich-Reuters

<ウクライナの戦場で「ドローン戦」が激しさを増すなか、こうした空中戦の様子を捉えた動画が次々と投稿されている>

ウクライナのジェット戦闘機が、ロシア軍ドローンを空対空ミサイルで撃墜する瞬間を捉えたとされる動画が公開され、SNS上で注目を集めている。親ウクライナのX(旧ツイッター)ユーザーUkrainian Frontなど複数の人物がソーシャルメディア上に投稿した撮影地不明の動画には、ドローン1機が撃墜される様子が映っている。

■【動画】露ドローンvsウクライナ戦闘機の「空中戦」...一瞬の勝負で「ドローン撃墜」に成功した様子を撮影

続く投稿には、「ウクライナ軍の(ミコヤン)ミグ29ジェット戦闘機がウクライナ南部で、ロシア軍の偵察ドローンをR27空対空ミサイルで撃ち落とした」という説明が添えられている。

軍用航空産業の専門サイトエアフォース・テクノロジーによれば、R27はウクライナの企業アルテムが製造している中距離空対空ミサイルで、ミグ29などの第4世代戦闘機向けに開発されたものだ。

問題の動画の撮影時期に関する情報は示されておらず、独立した検証も行われていない。本誌はこの動画についてロシア外務省にコメントを求めたが、これまでに返答はない。

ロシアとウクライナのドローン開発競争が激化

インターネット上ではこのところ、ほかにも複数のドローンを撮影した動画が拡散され、大きな反響を呼んでいる。

2022年10月には、ウクライナ軍とロシア軍のドローン同士が「対決」する様子を捉えたとみられる動画がインターネット上で拡散された。XD Dniprが自身のテレグラムチャンネルに「ウクライナとロシアのMavicドローン同士の空中戦をカメラが初めて捉えた」ものとして投稿されたものだ。Mavicとは中国の企業DJIが製造しているドローンで、ウクライナ軍とロシア軍が使用している。

2024年2月には、ウクライナ南部ヘルソン州でロシア側が占領するドニプロ(ドニエプル)川の東岸の村クリンキー近郊の上空で、ウクライナ軍とロシア軍の空中戦が勃発。ウクライナ側のドローンが勝利し、その様子を捉えた動画が大きな注目を集めた。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナに対する本格侵攻を始めて以降、ドローンは双方にとって有益な兵器であることが判明しており、両国の間で開発競争が繰り広げられている。ウクライナ製のドローンはこれまでに、ロシア国内の数多くのエネルギー関連施設やクリミア域内の標的も攻撃してきた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日中韓首脳宣言に反発 非核化議論「主権侵害

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

パプアニューギニア地滑り、2000人以上が生き埋め

ビジネス

EU、輸入天然ガスにメタンの排出規制 30年施行
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中