コラム

もう既に不老不死の時代!?「あと10年で、寿命回避速度に入る」レイ・カーツワイル氏

2018年03月05日(月)15時00分
もう既に不老不死の時代!?「あと10年で、寿命回避速度に入る」レイ・カーツワイル氏

不老不死が来る日を目指し、大量のサプリメントを飲んで健康管理しているといわれるカーツワイル MIT AGI/YOUTUBE

<人工知能の権威でシンギュラリティの提唱者、天才・カーツワイルの最新「不老不死」予測>

AI新聞から転載

レイ・カーツワイル氏が、人類はいずれ不老不死になるというような主張をしていたことは知っていたが、最近の講演の中で同氏が、あと10年でそういうような状態になると語っていたので、詳しく見てみることにした。

この講演は、同氏がマサチューセッツ工科大学で行ったものを同大学がYouTube上で2月14日に公開したもの。同氏は今後の人類の寿命について次のように語っている。

Applying this to health and medicine, this will get into high gear. We're going to really see us break out of the linear extension to longevity that we've experienced. I believe they're only about a decade away from longevity escape velocity where there is more time than is going by.

AIの急速な進化の成果を健康や医療に応用すると、これまでの平均寿命の直線的な伸びから逃れられるのではないだろうか。あと10年もすれば、老化の速度を超える速度で寿命が伸びるのではないかと考えている。



ここでのキーワードはlongevity escape velocity。「寿命回避速度」とでも訳せばいいのだろうか。英語版ウィキペディアによると、寿命が時間の流れを超えて伸びるという概念らしい。つまり医療の進化にともなう長寿化が加速し、老化の速度を超えるということだ。


自分はあと何年生きられるのか。日本の平均寿命は83歳なので、そこから今の年齢を引いた年月が、残りの時間と考えていいだろう。しかしそうした単純計算は、科学の進歩を考慮していないものだとカーツワイル氏は主張する。実際には、これからAIを使って医療が急速に進化するものとみられている。医療の進化による寿命の伸びが老化の速度を超えるなら、人間は永遠に生き続けられるかもしれない。

longevity escape velocity(寿命回避速度)の概念の提唱者たちによると、今後長寿化が加速するので人類初の150歳の人がこの世に生を受けたわずか10年後に生まれた人の中から、人類初の1000歳が登場することになるだろうという。

老いる速度を上回って医療が進化する?

ひょっとすると既に超長寿時代に入っているのかもしれない。カーツワイル氏は言う。

I think if someone is diligent they can be there already. I think I'm at longevity escape velocity.

diligentとは日本語で「勤勉」と訳されることが多いが、ここでは「健康に最大限気をつけている」というような意味なのだと思う。つまり「健康に最大限気をつけている人は、もう既に寿命回避速度に入っているかもしれない。私はすでにその状態にあるのだと思う」と語っているわけだ。 同氏は健康にはものすごく気を使っており、サプリメントを幾つも摂取しているというのは有名な話だ。

もちろん交通事故に遭うなどの不慮の事故で命を落とすことはあるが、健康に気をつけているほとんどの人にとっては、あと10年ほどで「少なくとも医療の進化と時間の経過が足並みをそろえる時代になる」というのがレイ・カーツワイル氏の予測だ。

レイ・カーツワイル氏のことをよく知らない人は、ウィキペディアの同氏の項目をどうぞ。

未来学者であり、発明家であり、実業家でもある。数々の賞を受賞している。まあ現在の天才の一人だ。

といってもビジネスの第一線から離れているわけではなく、現在はGoogleの社員。Gmailがメールの中身を判断し、「了解しました」「ありがとう」などの簡単なリプライを三択で用意してくれる機能は、同氏が中心になって開発したのだとか。

果たしてわれわれは既に不老不死の時代に入ったのだろうか・・・。個人的にはよく分からない・・・。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想外の低下 サービス業の

ワールド

ロシア、中国ツアーの販売を中止 新型肺炎を警戒

ワールド

情報BOX:止まらない感染、新型コロナウイルスの基

ワールド

イタリア地方選、中道派与党が北部の牙城守る 五つ星

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設担当者の不安な未来

  • 2

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 3

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 4

    ゴーン追放で日産が払った大きな代償

  • 5

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 8

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 9

    仮想通貨ウォーズの勝者はリブラか中国か――経済の未…

  • 10

    紅白歌合戦になぜレインボーフラッグ? NHKに聞いて…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 10

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!