コラム

AIに奪われない天職の見つけ方 「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」(榎本英剛著)

2016年09月23日(金)17時15分
AIに奪われない天職の見つけ方 「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」(榎本英剛著)

ariadnaS-iStock.

<給料は安くても打ち込んでしまうぐらい好きな仕事なら、効率重視のAIには狙われない。その意味では必ずしも悪くない時代。あとの問題は、どうやって生計を立てるか。ここに2冊のバイブルがある>

 AIとロボットが人間から急速に仕事を奪っていく時代が、もうそこまで来ている。社会の歯車のような仕事から順にAIに取って代わられ、最後に残るのが「好きを極めた仕事」になると言われている。では自分の好きな仕事で、十分な所得を得るのにはどうすればいいのだろうか。コーチングの第一人者、榎本英剛氏の書いた「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」という本に、その問いに対する明確な答えが書いてあった。2014年出版と少し前の本だが、これからの時代にこそ多くの人に必要となる考え方が書かれている名著だと思う。

【参考記事】AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろ

 社会の歯車的な仕事がAIとロボットによって取って代わられるのはいいとして、どうして最後まで残る仕事が「好きを極めた仕事」になるのかを説明したい。

AIは高収入の仕事から置き換える

 AIもそうだし、AIを駆使する投資家も、合理的に判断する。費やすコストに対するリターンが多く見込まれる業種から順にAIとロボットを投入してくる。医者や弁護士、会計士などの士業が真っ先にAIに狙われると言われるのは、彼らが高収入だからだ。

 ところが「好き」を仕事にする人は、儲けが少なくても努力を厭わない。AIや投資家にとって、儲からない仕事に労力をかけることは非合理的であり、こうした仕事の領域にはなかなか参入しようとはしない。なので「好きを極めた仕事」が、最後まで残る可能性が高いと考えられている。

【参考記事】MITメディアラボ所長 伊藤穰一が考える「社会参加型人工知能 」

 ただ今のところ、この「儲からない」ということが「好きな仕事」の困ったところ。AIとロボットが普及することで物やサービスの値段が下がってくれば、儲けが少なくてもやっていける時代にいずれなるのだろうが、その時代への移行期である今後20年ほどは、どうやって好きな仕事で生計を立てていけばいいのだろうか。そもそも生計を立てられるような好きな仕事が何であるかさえ分からない。今、多くの人がそう悩んでいるし、これからより多くの人がそういう悩みを持ち始めるのだと思う。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!