コラム

AIに奪われない天職の見つけ方 「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」(榎本英剛著)

2016年09月23日(金)17時15分

 ときどき「何をしたいのか分からない」と言う若者に出会う。小さい頃から「ゲームばかりしちゃダメ」「テレビばかり見ちゃダメ」などと怒られ、自分の「好き」を我慢し続けた世代だ。その結果「何が好きなのか分からない」ほどに、自分の心のアンテナが鈍ってしまっているのではないかと思う。心のアンテナが鈍っているので、本当は好きでもないものを、好きだと頭で思い込んでいるケースもある。

 まずは日常の中で自分の心のちょっとした動きに注意を向け、自分の心は本当は何が好きで、何が嫌いなのかを再認識していくという作業が必要なのかもしれない。あとは、できるだけ多くの場所にでかけ、できるだけ多くの人に会い、できるだけ多くのことを経験して、自分の心のアンテナがどちらの方向を向くのか見定める必要がある。それを続けていくうちに、心のアンテナが研ぎ澄まされていくのではないかと思う。引きこもって、頭であれこれ考えているだけでは、心のアンテナは研ぎ澄まされない。

「好きな仕事」で生計を立てるには

 一方で好きなことが何なのかは分かっているが、どうやってそれで生計を立てればいいのか分からない、という質問を受けることがある。答えは、別の仕事で生計を立てながら、好きなことをやり続けるしかない、ということだ。諦めずに試行錯誤を続け、心を明るく持って、多くの人とつながるようにしていれば、だれかがチャンスを運んできてくれるかもしれない。チャンスは人が運んできてくれることが多いからだ。

 ただ時代は明らかにそうした人たちの味方だ。これからAIとロボットのおかげで生活コストが低下する傾向にある。いろいろなテクノロジーが、起業を手助けしてくれるようにもなるだろう。諦めずに続けていれば、いずれ「好きな仕事」で生計を立てられるようになるのだと思う。そのときまで「好き」を諦めないことが、今一番大事なことなのだろう。

 こうした僕の主張に近い話が「本当の仕事」の中に、より詳しく、より明確に解説されている。僕の主張とは比較にならないほど、完璧な主張だと思う。名著といえば学者先生の難解な文章が多いが、この本は非常に読みやすい文体で書かれているものの名著であることに違いはないと思う。

【関連記事】AIが招く雇用崩壊にはこう対処すべき。井上智洋著「人工知能と経済の未来」【書評】

 これから起こる未曾有の大変化に向けて指針となる本を推薦しろと言われれば、僕は迷うことなく井上 智洋氏の「人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊」と、榎本 英剛氏のこの本「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方・働き方」の2冊を推薦したいと思う。井上氏の本は、「社会制度をどうすべきか」というマクロの視点、榎本氏の本は「個人はどう生きるべきか」というミクロの視点を提供してくれる。この2冊は、雇用大崩壊時代に向けてのバイブル的な本になると思う。

2歩先の未来を創る少人数制勉強会TheWave湯川塾主宰
有料オンラインサロン

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

ECB、銀行の配当制限を近く解除も=副総裁

ワールド

米政府、制裁の解除に同意している=イラン当局者

ビジネス

ユーロ圏PMI、6月総合は15年ぶり高水準の59.

ビジネス

日産社長、3年連続赤字「なんとしても回避」 早期復

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中