コラム

「IoTに八百万の神を」内向的な電通女性クリエイターがデバイスに込める日本の心

2015年07月31日(金)12時54分

 なかのかな。上から読んでも「なかのかな」、下から読んでも「なかのかな」。

 世界的ヒットとなった脳波連動コミュニケーションツール「necomimi(ネコミミ)」を開発した電通の女性クリエイターの名前だ。なかのさんは、どのようにして「necomimi」のような斬新な製品のアイデアを思いつくのか。今、彼女は何を考え、どの方向を向いているのか。直接会って話を聞いてみた。


脳波連動コミュニケーションツール「necomimi(ネコミミ)」

 僕がなかのさんの存在を最初に知ったのは、ずいぶん前のことだ。2010年ごろだったと思う。スマートフォンのカメラを通じて周辺を見渡すと、蝶々が見える。スマートフォンを虫取り網に見立てて、その蝶々を取ろうとスマホを振りかざすと、蝶々とともに情報や広告を取り込むことができる。

 今で言うところのAR(拡張現実)アプリだ。しかし、その当時ARアプリなどほとんどなかったし、あっても空間にメモが浮いているだけの無骨なものが多かった。欧米の先行アプリを真似するのでもなく、遊びココロあふれたアプリのコンセプトに感心したことを覚えている。そのアプリ「iButterfly(アイバタフライ)」を開発したのが、なかのさんのチームだった。

 当時わたしが編集者を勤めていたオンラインメディア「TechWave」にiButterflyのことを書いたところ、開発チームの1人、加賀谷友典さんから連絡をいただき、加賀谷さんとの友人関係が始まった。

脳波でコントロールではなくコミュニケーション

 それから加賀谷さん・なかのさんを含めたチームは脳波コミュニケーションツール「necomimi」のヒットを飛ばした。「necomimi」は海外メディアなどで大きく取り上げられ、開発チームは世界各地の大きな見本市に呼ばれるまでになった。オランダの見本市に展示しにいったときには、テレビ局が取材に来たあと、見本市会場に厳戒態勢がしかれた。何事かと思うと、オランダのロイヤルファミリーのお忍びでの来場だった。幼い王子や王女が、大喜びでnecomimiを装着して遊んだ。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

28日にも全日空機を派遣、武漢など滞在の日本人帰国

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想外の低下 サービス業の

ワールド

ロシア、中国ツアーの販売を中止 新型肺炎を警戒

ワールド

情報BOX:止まらない感染、新型コロナウイルスの基

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設担当者の不安な未来

  • 3

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 4

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 5

    ゴーン追放で日産が払った大きな代償

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 9

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 10

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 10

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!