コラム

アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型肺炎対策に絶句した訳

2020年02月25日(火)14時30分
アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型肺炎対策に絶句した訳

新型コロナウイルスの注意喚起は不要?(成田空港) TOMOHIRO OHSUMI/GETTY IMAGES

<日本の危機管理は「上司からの指示」と「マニュアル」がすべて? 大手航空会社や成田空港のコロナ対策に仰天した>

新型コロナウイルスが世界各地で猛威を振るい始めてから、10日間ほどアメリカを調査旅行した。

現地では、人々の予防方法にも文化の違いが見られた。マスク着用者は皆無に近く、筆者の持参したマスクもついに日の目を見ることはなかった。

あまり整備されていない電車の中で、せき込む乗客たちが隣に立っていた際も、マスクを取り出す勇気はなかった。渡米前に、マスクを着けたアジア系の女性がアメリカ人に怒鳴られる映像がSNSで流れていたのを知っていたし、郷に入れば郷に従う精神で臨んでいたからだ。

【参考記事】マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

かの地では、入院患者がマスクを着用する。マスクを着けている者は病院を勝手に抜け出した者だと見なされる、という説明を現地の知人たちから聞かされていた。マスクをしていなくても手を洗い、体温をチェックするなどアメリカ人も体調管理に力を入れている。

世界で最も清潔な国である日本がなぜ中国に次いで2番目に感染者が多いのか(編集部注:クルーズ船含む)、彼らは強い関心を寄せていた。日本の経済がアメリカ以上に中国に依存しきっていること、人的交流も多いことだけでなく、無菌状態の日本人は常に他者に対し無防備な状態にあるのも問題だ、とメディアで専門家は指摘していた。

そのアメリカでもマスクは極端に不足していた。報道によれば、アジア系移民が購入し、本国に発送しているという。

「上からの指示」なしに動かない

筆者は旅を終えて飛行機に乗り込んだ瞬間に驚かされた。何と、日本人たちがほぼ全員、顔をマスクで隠しているのではないか。

筆者を乗せた飛行機が成田空港に着陸する際に、日本の大手航空会社のキャビンアテンダントは機内アナウンスで以下のような趣旨を美しい英語と日本語で伝えた。「アフリカ豚コレラがアジア各国ではやっているので肉製品の持ち込みは厳禁」「一昨年からコンゴ共和国をはじめ、アフリカの一部の国々でエボラ出血熱がはやっているので、体調に異常を覚える乗客は名乗り出るように」

ここまで聞いてから、次は新型コロナウイルスに関する注意喚起かと予想していたら、機内放送はピタッと終わり、キャビンアテンダントもベルトを着用して専用の椅子に座った。

プロフィール

楊海英

(Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

2020年度3次補正予算案を可決=衆院予算委

ワールド

情報BOX:英の変異種、死亡率上昇データが示す新た

ビジネス

午後3時のドルは103円後半、中国短期金利が急上昇

ワールド

NZ、来週にもコロナワクチン承認の可能性 年央に広

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 7

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 8

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 9

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 10

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!