World Voice

powerd_by_nw

シリコンバレーエンジニア・酒井潤のキャリア思考法

酒井潤|アメリカ

アメリカで働きたければフリーランスになるな

フリーランスは就労ビザを取得しづらい。©︎O-DAN

フリーランス

エンジニアとしてアメリカで就労ビザを取得するために必要なのは、学位4年実務経験6年」などを満たさなければいけません。

勤めている企業の情報も全て提出するため、「フリーランス」ではなかなか信頼してもらえないのです。

私がdocomoで働いてから海外転職を成功させたように、移民局も企業に勤めている方がその人の素性を調べやすいのです。

フリーランスでエンジニアとしてガンガン稼いでいたとしても、ビザを発給するかどうかは移民局が判断しますから、企業に属している方が信頼をはかりやすく、発給しやすいのは事実です。

(私の周りではフリーランスエンジニアが就労ビザを取得した例はありません)

フリーランスからアメリカ転職したいときは

一旦、日本企業に転職してからアメリカ転職を目指すのが現実的です。

こちらに移住が叶ってから、グリーンカード(永住権)を取得しフリーランスになることは十分可能です。フリーランスという働き方にこだわるのであれば、そういう道もあるでしょう。

日本のフリーランスの6割は年収200万円以下、2割が400万円以下だそう。そしてごく一部のフリーランスがめちゃくちゃ稼いでいるのです。

「フリーランス」になった方が自分のスキルをのばせ、年収を伸ばすことができるという論調もあるかと思いますが、現実はそんなに甘くないのです。

プログラミングが好きで、ずっとプログラムを書いていたいからフリーランスになる、というのは間違いです。というのも、フリーランスは一人社長。営業も経理も自分でやらなければいけないのです。

プログラミングが好きであれば、私は企業に所属するのが一番だと思っています。

あなたがガンガン稼げるフリーランスなら

もし、あなたがすでにフリーランスとして年収何千万円も稼いでいるとしたら、就労ビザ以外でアメリカ転職する手があります。

それは「投資家ビザ」です。

2億円くらいキャッシュを持っていて、アメリカに2億円くらい投資しても良いというのであれば、比較的簡単に「投資家ビザ」は下りると思います。

2億円投資可能な状態にするには、5億円くらい稼がなければいけませんが...。そして、そこまで稼げば日本でいい暮らしをする方が幸せかもしれませんしね。

***

▼私のキャリア論をまとめた書籍「シリコンバレー発 スキルの掛け算で年収が増える複業の思考法」が発売中です。
本ブログよりも詳しく知りたい方は、お近くの書店さんやAmazonで是非チェックしてみてください。

取材・構成 ▶︎ 中﨑史菜

 

Profile

著者プロフィール
酒井潤

サッカー大学日本代表に選抜されるも怪我でJリーガーの道を断念。大学卒業後、エンジニアに転向し2005年ハワイで起業。米国にて複数社勤務後、現在は全米給与ランキング4位の米国スプランクにてソフトウェアエンジニアとして勤務。副業としてUdemyやYoutubeでも稼いでおり、書籍「副業の思考法」(PHP研究所)ではそのノウハウや人生論を紹介している。

Twitter: @sakaijun

Youtube: シリエン戦隊JUN TV

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ