コラム

WHY@DOLL(ほわいどーる)、「分断」の時代のアイドルとは?

2017年07月31日(月)11時30分
WHY@DOLL(ほわいどーる)、「分断」の時代のアイドルとは?

WHY@DOLL「WHY@DOLL」(2017/8/1 on sale) 2nd ALBUMティザー映像- Youtube

<北海道出身で、東京を拠点に活動する二人組アイドルWHY@DOLL(ほわいどーる)。アイドルというフィルターを通して、癒しを得ることができるのは、彼女たちのライブ以上のものはなかなかない>

先日、ホリプロダクションの創業者である堀威夫氏と鼎談をする機会を得た。そのときのテーマは「中三トリオ」であった。1970年代を代表するアイドル―森昌子、桜田淳子、山口百恵の三人だが、正式なグループではない。たまたま同じオーディション番組「スター誕生!」で前後してデビューして、それぞれがブレイクしたため、そのような「愛称」が独り歩きしたのである。

堀氏と話しながら、私はこの「中三トリオ」といういわば日本のアイドルの原型の魅力を考えた。それは「人に対する丁寧な応対」と「純粋さ」である。おそらく前者は人を癒す力につながるだろうし、後者は誰からも愛される要素に転じるだろう。いずれにせよ、この二つの特徴は、中三トリオでほぼイメージを確立し、今日までも続いている日本の女子アイドルの性格だともいえる。

WHY@DOLL(ほわいどーる)の個性と魅力

北海道出身で、東京を拠点に活動する二人組アイドルWHY@DOLL(ほわいどーる)もまた「人に対する丁寧な応対」と「純粋さ」をベースにしている。WHY@DOLLは、青木ちはると浦谷はるなの二人組女子アイドルである。彼女たちのキャッチコピー「オーガニックガールズユニット」にもこの二つの特徴がよく表現されている。「オーガニック(有機的)」とは、要するに人為的な手が加えられてない素のままの個性のことだろう。オーガニックなものは、人の心や体にも優しい。そんな意味がこの「オーガニックガールズユニット」に込められている。

日本には数千人の女子アイドルが活躍している。私も相当にいろいろなアイドルを見てきたが、最も居心地のいい場所が、彼女たちのライブである。東京という大都会で、アイドルというフィルターを通して、癒しを得ることができるのは、彼女たちのライブ以上のものはなかなかない。匹敵するものとしては、新潟に拠点を置く三人組のアイドルNegicco(ねぎっこ)ぐらいかもしれない。拙著『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)の中で、彼女たちの活動を経済学的な視点から紹介して以来、完全にファンになってしまった。そして前述したNegiccoも所属しているT-Palette Reocrdsから、彼女たちのセカンド・アルバム「WHY@DOLL」が8月1日に発売される。


プロフィール

田中秀臣

上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。主な著書に『AKB48の経済学』(朝日新聞出版社)『デフレ不況 日本銀行の大罪』(同)など多数。近著に『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)。

キーワード

ニュース速報

ビジネス

独ZEW景気指数、2月は急落 新型肺炎で製造業圧迫

ワールド

中国、今年の成長目標達成可能 新型肺炎感染拡大でも

ワールド

中国・武漢の病院長が新型肺炎で死亡=国営テレビ

ワールド

EU、租税回避地ブラックリストにパナマなど追加 ト

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

  • 2

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 5

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!