コラム

日本で歌姫はどのように生まれるのか? 西恵利香の昼と夜

2016年09月26日(月)11時40分
日本で歌姫はどのように生まれるのか? 西恵利香の昼と夜

西恵利香 / Erika Nishi 「LISTEN UP」 Teaser - YouTube

<日本の文化経済を支える柱のひとつとなっていたアイドル市場。欧米で人気を高めるグループがある一方で、国内アイドル市場はゆるやかに縮小し、構造的な変化を迎えている。その中で、「脱アイドル化」する西恵利香の例を紹介したい。>

緩やかに縮小し、構造的な変化を迎えているアイドル市場

 日本の文化経済を支える柱のひとつは、間違いなくアイドル市場である。以前、試算したことがあるが、ざっと市場規模は2500億円。活動している女子アイドルの数は5000人前後だといわれている。経済規模も大きいが、また世界的な知名度でも日本の文化をリードしている。欧州を中心に人気の高いPerfumeやBABYMETAL、そしてアジア圏ではAKB48グループの知名度は、アイドルの枠を超えて広がっている。

 他方でアイドル市場が変わり目に来ているのも事実だ。多い時では月に十数グループも業界から姿が消える。またグループだけではなく運営母体である事務所の解散も相次いでいる。数年前のように全体の規模が膨らんでいく時代を終えて、女子アイドル市場自体は緩やかに縮小しているようだ。「アイドル戦国時代」といわれたブームはとっくの昔に去り、市場の縮小とあわせて構造的な変化を迎えている。

 この構造的な変化の中で、筆者が前から注目しているものに、ふたつの特徴がある。ひとつは、アイドルの楽曲やパフォーマンスの高度化という現象だ。数年前とは異なり、飛躍的に女子アイドルの歌やダンスのうまさがレベルアップしている。またファンの中で「楽曲派」とでもよぶべき、アイドルの歌のうまさや曲の良さを愛好する人たちが徐々にその数を増やしている。これはアイドル側の差別化戦略が成功している現れでもある。楽曲の内容もロック、ヘビメタ、ラップ、ディスコ調、ノイズ、前衛的な現代音楽を取り入れたものなど多彩だ。楽曲を提供する制作者の側も、アイドルを通して様々な実験を試していて、意欲的である。

 もうひとつの特徴は、「脱アイドル化」という現象だ。この「脱アイドル化」は文字通り、アイドルから音楽的なアーティスト(シンガー、パフォーマー)に移行する場合が多い。また「脱アイドル化」の極端形としては、日本的なアイドルの特徴(かわいらしさ、ファンとアイドルの共通体験の物語化など)を一切拒否する試みも最近現れている。後者の一例として、既製品的な"かわいらしさ"を拒否したブスiD(筆者はあまりにひどいグループ名だと思う)、名前も顔もわからないアイドルグループ「・・・・・・・・・」などをあげることができる。ただ前者の音楽的なアーティスト路線への転換の方が一般的である。そして実際に魅力的なアーティストを生み出している。

「脱アイドル化」する西恵利香

 今回、紹介したいのは、現在のアイドルの構造的変化のふたつの要素、(1)歌唱の高度化、と(2)脱アイドル化(アーティストへの転身)を体現している、実に魅力的なシンガーだ。名前は西恵利香。愛称は、えりす。今後もっとも注目すべきシンガーのひとりだろう。

 彼女の芸歴は長い。現在のシンガーの前は、アイドルグループAeLL.(エール)に所属していた。AeLL.は「エコロジー」や「健康」という独特のコンセプトを体現していた。アイドル名自体が、「Activity Eco Life with Love」の略だ。富士山清掃のための登山イベント、南アルプス市上宮地地区の遊休地を開墾し、農業体験をするプロジェクトなど、さまざまな「環境問題」とアイドル活動を結び付けていた。この例だけでも、いまのアイドルの多様化がわかるのではないか。

 このアイドルグループは、2011年から14年にかけて約3年活動を展開する。西恵利香のほかに、現在、グラビアアイドルとして人気のある篠崎愛ら四名のメンバーが所属していた。現在は公式には活動休止中である。実はこのAeLL.(エール)時代に、すでに西恵利香の「脱アイドル化」路線は準備されていた。彼女の歌唱力の素晴らしさが、あまりにもアイドルという枠を打ち破っていたからだ。

プロフィール

田中秀臣

上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。主な著書に『AKB48の経済学』(朝日新聞出版社)『デフレ不況 日本銀行の大罪』(同)など多数。近著に『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)。

ニュース速報

ワールド

香港最高裁の豪州国籍判事が辞任、国安法への懸念で

ビジネス

コロナ禍でもグローバリゼーションは続く=日銀総裁

ワールド

中国軍機18機が台湾識別圏に入る、海峡付近で演習 

ワールド

英国でコロナ感染拡大 保健相は全土ロックダウン明言

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 2

    中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由

  • 3

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 4

    ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデ…

  • 7

    ファイザーの新型コロナワクチン後期試験、被験者に…

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 10

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!