コラム

日本で歌姫はどのように生まれるのか? 西恵利香の昼と夜

2016年09月26日(月)11時40分

歌姫の誕生には、アイドル時代の「社会関係資本」が必要条件

 AeLL.(エール)時代に、西恵利香のソロアルバムとして発表された『Unjour』にそのシンガーとしての天分が記録されている。往年の名曲「みずいろの雨」(八神純子)、「真夜中のドア」(松原みき)を、現代的で切れのあるアレンジのもと、感性豊かに表現することで魅力的なカバーアルバムになっている。アイドルとしてのAeLL.(エール)が、高原の畑や山脈の登山道にふりそそぐ「昼」の輝く陽光だとすれば、このソロアルバムに刻印された彼女の歌唱は、まさに都会の孤独と哀感を感じさせる「夜」のイメージだった。

 この「昼」と「夜」のふたつのイメージは、いまも西のソロ活動を支える重要な柱だ。「脱アイドル化」の重要なポイントだが、アイドル時代のファンや、またアイドル時代に培ったほかのアイドルたちとの連携(交流)を大切にすることがあげられる。経済学的にいえば、「社会関係資本」と呼ばれるものだ。

 社会関係資本は、通常、企業や組織、コミュニティのなかで信頼関係を構築することで、人々がスムーズに仕事し、生産性をあげることに貢献する。アイドルの現場でも、アイドル、ファン、運営、そして共演することも多い多数のほかのアイドルグループたちとの社会関係資本こそ、いまのアイドルが大きく飛躍するキーといえる。

 西は、AeLL.(エール)時代に培ったこの社会関係資本(昼のイメージへの信頼)をいまも大切に育てている。特に、ソロ活動に移行してからの主舞台が、他のアイドルたちとの対バンイベント(対バンとは、複数のアイドル同士の共催イベントのこと)であったり、アイドル時代からなじみのあるライブハウスで活動が行われることでもわかる。

 特に西のライブ後の物販では、アイドル時代から続く彼女の丁寧なファンへの対応とその江戸っ子のような個性(本人は埼玉出身だが)に、アイドルならでは"癒し"を得ることできる。なお、アイドル現場に詳しくない方々への注釈だが、いまのアイドル現場の金銭的収入の主力は、ライブ自体の入場料よりも、ライブ前後に行われる「物販」(演者のCD、Tシャツ、タオルなどの販売)である。

 西恵利香がソロとして活動してから出された第二作目のアルバム『PROLOGUE』、そして彼女の最高傑作アルバムと筆者が評価している三作目の『LISTEN UP』は、彼女の「夜」の側面を際立たせる。ただ本人は、この「夜」のイメージにてらいがあるのかもしれない。先日行われた、『re:LISTEN UP』(先のアルバムのリミックス)のリリースイベントでは、舞台上で「夜の女のイメージが強いようですが、私は太陽の光も好きなのです」と笑ってみせていた。

 いずれにせよ、歌姫の誕生には、アイドル時代の「社会関係資本」が必要条件としてあった。また逆説的にみえるが、そのアイドルのイメージを払拭することで、西のシンガーとしての魅力が多重的に表れてもいる。筆者は、いまもそうだが、何度、彼女のオリジナル曲の数々に心を洗われたことだろうか。日本のアイドル特有の「癒し」を抱懐することで、ソロシンガーとしての西は日本でも独特の地位を生み出そうとしている。

 かってアイドル時代に、つんく♂に歌唱力を絶賛され、最近では辛口批評で有名なライムスター宇多丸にもその代表作『LISTEN UP』を称賛された。目利きはすでにわかっている。世界が西恵利香を知る番である。


・西恵利香公式ブログ http://ameblo.jp/erika-nishi/
・西恵利香twitter  https://twitter.com/nishierika_111
・オフィシャルtwitter   https://twitter.com/nishierikastaff


プロフィール

田中秀臣

上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。主な著書に『AKB48の経済学』(朝日新聞出版社)『デフレ不況 日本銀行の大罪』(同)など多数。近著に『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)。

ニュース速報

ビジネス

政府の景気判断ほぼ据え置き、消費改善も設備投資は慎

ビジネス

仏ルノー、下期にキャッシュフロー黒字に 第3四半期

ビジネス

SBIと東和銀行が戦略的業務提携、地元向け共同ファ

ビジネス

英小売売上高、第3四半期は記録的伸び 感染再拡大で

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 7

    「新型コロナウイルス、絶滅する可能性は低く『永久的…

  • 8

    返済が一生終わらない......日本を押しつぶす住宅ロ…

  • 9

    台湾当局「中国の『フーリガン』外交官恐れず建国記…

  • 10

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!