コラム

ベルリンはロックダウンによる「文化の死」とどう戦うのか?

2021年01月13日(水)17時10分
ベルリンはロックダウンによる「文化の死」とどう戦うのか?

ベルリン国際映画祭2020のレッドカーペットを歩く国際審査委員長を務めた俳優のジェレミー・アイアンズ。このときはコロナ・パンデミックの直前だった。©Berlinale 2020

<2度にわたるロックダウンは、ベルリンの文化施設やイベントを窮地に追いやっている。しかし、相次いで刺激的な文化イベントが次々と計画されている。その理由は......>

コロナ禍と文化

COVID-19が文化を殺している。この現実を、ベルリンほど深刻に受け止めている都市は他にはないだろう。2度にわたるロックダウンは、毎年、何万人もの若者たちをベルリンに引き寄せていたクラブ文化を荒廃させた。同時に、オペラハウス、コンサートホール、劇場、映画館、美術館、ギャラリー、見本市(メッセ)会場、そして街の無数の小さなカフェやアートスペースも瀕死の状態である。

ベルリン上院は、最初のロックダウンに模範的な方法で反応し、文化部門で働く人々やフリーランサーのために1億ユーロ(約127億円)の資金援助を実行した。昨年、ドイツ全体の文化産業従事者への経済支援は10億ユーロ(約1,270億円)を超えた。

ドイツ政府の文化芸術支援策は他国に比べ手厚いと評価されている。しかし、緊急の資金援助だけでは未来を見通すには十分ではない。欠けているのは、コロナ禍を乗り越え、長期的な文化的生活を復活させるための具体的な行動である。文化は、五感を通してさまざまな課題を顕在化し、共感や連帯を生み出すメディアである。ロックダウンの今こそ、文化は必要不可欠なのだ。

フェスティバルを取り戻す

ベルリンという文化の楽園でも、文化インフラは引き続き厳しい制限を受けている。市内の16万人に及ぶ文化芸術従事者の多くは、別の仕事を探す必要に迫られている。ベルリンが必要としているのは、オーストリアのザルツブルク音楽祭のような想像力、強い意志、そして大胆さかもしれない。

世界の文化フェスティバルのほとんどがインターネットに追いやられている中、ザルツブルク市は開催の可否をめぐる熟議を重ねた結果、コロナに屈服することを拒否し、2020年8月1日から30日まで、100回記念を迎えるザルツブルク音楽祭の開催を決断した。ザルツブルクに集まった幸運な人々は、モーツァルトの魔法に引き込まれ、洗練された感染対策と音楽文化のためのリアルな空間の共生を祝福した。

ベルリン復興は文化への投資だった

15年前、当時のベルリン市長であったクラウス・ヴォーヴェライトは、ベルリンを「貧しくてもセクシー」と宣言した。このスローガンは、壁崩壊後のベルリンの復興を象徴する言葉となってきた。

takemura0113_3.jpg

ベルリンを「貧しいがセクシー」と述べ、ベルリンの文化芸術基盤を築いたベルリン前市長、クラウス・ヴォーヴェライト。CC BY-SA 3.0 de

ベルリンが「貧しい」というのは本当だ。ケルン経済研究所の調査報告は、首都ベルリンが存在するだけで、ドイツは貧しくなっていると指摘した。実際、首都ベルリンがなければ、ドイツの一人当たりのGDPは0.2%上昇する。その理由は簡単だ。30年前にはじまった東西ベルリン統合による都市再開発や、文化インフラの復興にともなう巨額の借金を、ベルリン市は未だに背負っているからだ。

もし英国がロンドンを失った場合、平均的な英国人は11.1%、パリのないフランスは14.8%の貧困に陥ることになる。ベルリンはヨーロッパの都市の中で、上流下流を問わず、多様な文化芸術基盤への投資を最優先してきた。その意味で、ベルリンは豊かでセクシーなのだ。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ワールド

インドとパキスタンが極秘会合、カシミール地方の緊張

ビジネス

米ウーバー、9月中旬までにオフィス勤務再開へ

ワールド

ブラジル・サンパウロ州、コロナ重症患者の治療「崩壊

ビジネス

米スペースX、11.6億ドル調達 新株発行で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 3

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 4

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 5

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 6

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 7

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 8

    飲食店の「違反営業」許さず! 米市当局の過激な実力…

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中