最新記事

ナゴルノカラバフ

ロシアの裏庭でアゼルバイジャンが「対テロ戦争」を開始、孤立したアルメニア人住民に民族浄化の危機

Where's Nagorno-Karabakh? Azerbaijan Eyes Russia Ally in 'Special Operation'

2023年9月20日(水)18時15分
ブレンダン・コール

アゼルバイジャン国防省はナゴルノカラバフでアルメニア軍部隊を標的にした写真と言うが、アルメニア国防省はここに軍隊はいないと否定 REPUBLIC OF AZERBAIJAN MINISTRY OF DEFENsE

<ロシアの制止も聞かなくなった旧ソ連国アゼルバイジャンが、同じく隣国のアルメニアに3度目の領土紛争を仕掛けた。そのアルメニアは米軍と軍事演習をする軍事同盟国だ>

<動画>アゼルバイジャンの「対テロ作戦」

アゼルバイジャンは9月19日、アルメニアとの間の係争地、アゼルバイジャン西部ナゴルノカラバフ地域への攻撃を開始した。もともと不安定な旧ソ連地域の外交関係はますます緊張を増し、ロシア、EU、アメリカの介入を求める声が高まっている。

アゼルバイジャン国防省は19日、アルメニア人勢力が実行支配するナゴルノカラバフ地域で「対テロ対策」を開始したと発表した。攻撃前の数週間、アゼルバイジャンは前線付近の軍備増強を続けていた。

この地域をめぐるアゼルバイジャンとアルメニアの緊張の高まりは、今に始まったことではない。アルメニア人が「アルツァフ共和国」と呼ぶナゴルノカラバフ共和国はアルメニア系住民が大多数を占めているが、国際的にはアゼルバイジャンの一部として承認されている。ソ連崩壊後、両国は2度に渡ってこの地域の領有を争う戦闘に突入した。

shutterstock_1824749213.jpg

2020年には大規模な衝突が起き、兵士7000人以上が死亡した。アゼルバイジャンはソ連時代のナゴルノカラバフの約3分の1と隣接する7つの領土の大部分の支配を取り戻した。

ロシアにも青天の霹靂

ここ数カ月、紛争の再燃が懸念されていた。アゼルバイジャンが昨年12月にアルメニアとナゴルノカラバフをつなぐ唯一のルートであるラチン回廊を封鎖し、人道的危機が起きる恐れが高まったからだ。目下の最大の争点は、ナゴルノカラバフのアルメニア系住民の安全確保だ。

ナゴルノカラバフの人権オンブズマンであるアルタク・ベグラリアンは、X(旧ツイッター)に「長い間、血に飢えていたアゼルバイジャンは、アルツァルフの人々を虐殺する血なまぐさい段階」を開始した、と投稿した。

「ロシア、アメリカ、EUよ、これが権利と安全の保証なのか?」と、ベグラリアンは付け加えた。

国際危機グループ(ICG)の南コーカサス地域担当上級アナリスト、オレシャ・バルタニャンは、国連総会でアゼルバイジャンとアルメニアの外相に対し、アメリカ、EU、ロシアその他の世界の指導者たちが国際的な調停者として、「戦闘を止め、話し合いで目的を達成することが最善の道だとし、アゼルバイジャンを納得させるために最大限の努力をすることが重要だ」と述べた。

ロシアは2020年の紛争では停戦を仲介する役割を果たしたが、アゼルバイジャンの今回の攻撃は数分前に知らされただけだったと、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は語った。そして紛争当事者に既存の和平合意を尊重するよう促しただけだった。

 

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、ロシアへの弾道ミサイル提供疑惑を否定 「国

ワールド

イスラエル入植活動は「国際法違反」、米バイデン政権

ワールド

スイス、ウクライナ和平会議を夏までに開催 国連総会

ワールド

年内利下げ、適切な公算 単月の好調データで軌道変わ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 8

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 9

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 10

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中