最新記事
ロシア軍

ロシアのミグ31戦闘機が空中で炎上し劇的にノーズダイブ!

Russian Military Jet Blows Up Mid-Flight, Crashes Into Lake

2023年4月27日(木)17時40分
ニック・モルドワネク

極超音速ミサイル「キンジャール」を搭載したミグ31(モスクワ上空、2022年の対独戦勝記念日のリハーサル)Maxim Shemetov-REUTERS

<墜落したミグ31は、ロシア空軍の主力機の1つで、ウクライナ侵攻にも参加し、偵察にくるウクライナ軍機を多数撃墜しているという戦闘機。その性能は?>

ロシアの迎撃戦闘機ミグ31が4月26日、ロシア北西部の湖に墜落し、乗員2人は脱出した、と複数のメディアが伝えた。乗員の安否については情報が混乱しているが、事故が起きたことはロシア政府も認めている。

【動画】炎上墜落するミグ31

ミグ31フォックスハウンドは超音速で飛ぶ双発2座席の長距離迎撃戦闘機で、ロシアとカザフスタンの空軍が導入している。冷戦時代に旧ソ連の航空工業省の設計局を作ったミコヤン・グレビッチ(ミグ)らが開発し、1975年に初飛行に成功した。なお、現在ミグはスホーイなどと共に、ロシア国有の統一航空機製造会社の傘下に収まっている。

ミグ31は、高高度の迎撃機ミグ25を、低空飛行でレーダー網をかいくぐれるよう改良したバージョンで、自機より低い空域に位置する飛行物体を補足し、攻撃できる「ルックダウン能力」と「シュートダウン能力」を誇る。

これまでに500機余り製造され、現在およそ370機をロシア空軍、30機をカザフスタン空軍が保有している。ロシア国防省は2020年7月、既存機の更新を進める方針を発表したが、今のところミグ31はロシア空軍の主力機の1つであり続けている。

ノーズダイブに驚く目撃者

ロシア国営タス通信はメッセージアプリのテレグラムで、北西部のムルマンスク地域で訓練飛行中にミグ31が墜落したというロシア国防省のコメントを伝えた。ロシアの独立系メディア「バザ」もテレグラムで、ムルマンスク地域の村リシュ・グバの湖にミグが墜落したと報じた。

ロシア国防省は当初、「乗員は2人とも脱出し、捜索救難チームのヘリコプターに救出され、命にも健康状態にも別状はない」と発表していた。

だがタス通信の続報では、医療関係者の話として、乗員2人は救急搬送され、危険な状態にあると伝えられている。

これとは矛盾する報道もある。国営通信の「ロシアの今日」(旧RIAノーボスチ)はテレグラムで、ミグは「人里離れた場所」に墜落したが、乗員2人は脱出に成功し、「命と健康はまったく脅かされていない」と伝えた。

バザは、現場からかなり離れた場所で事故の模様を撮影した動画をテレグラムに投稿した。この動画には、湖に向かってノーズダイブ(急降下)するミグを地元の人々があっけにとられて見守る様子が写っている。

オンラインのニュースメディア「サイレン」も別のアングルから事故の模様をとらえた映像をテレグラムにアップした。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イスラエルに安全な場所ない、本格戦争勃発なら=ヒズ

ワールド

英世界遺産「ストーンヘンジ」にオレンジ色のペンキ、

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中