最新記事

日本社会

日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

2022年11月30日(水)11時15分
舞田敏彦(教育社会学者)
日本の少年非行は激減している

ピーク時の1983年には年間30万人以上の非行少年が検挙・補導されていたが…… Oleg Elkov/iStock.

<非行少年の検挙・補導人数は、1983年をピークに減少傾向が続き、現在は10分の1にまで減っている>

未成年者による法の侵犯行為を非行という。非行少年は、14歳以上の場合は犯罪少年、14歳未満の場合は触法少年と括られる(少年法第3条)。刑事責任を問える最低年齢は14歳なので、この年齢に満たない少年は、法に触れる行為をしたということで触法少年と呼ばれる。

非行少年が年間でどれほど出ているかは、法務省の『犯罪白書』に掲載されている、20歳未満の刑法犯検挙・補導人員を見れば分かる(触法少年の場合は「補導」という言葉が使われる)。これによると、2020年の数値は3万2063人。1日90人近くの少年が捕まっている計算で、かなり多いように思える。実際、少年が起こした事件の報道に接することはしばしばで、その中には凶悪なものもある。

だが少年の非行は,昔の方がはるかに多かった。<図1>は、20歳未満の刑法犯検挙・補導人員の長期推移を折れ線グラフにしたものだ。

data221130-chart01.png

少年非行のトレンドは直線的なものではなく、いくつかの波を経て推移している。第1の波は1951(昭和26)年。戦争が終わって間もない頃で、貧しさ故の盗みなどが多かった。第2の波は1964(昭和39)年で、他の時期と比べて暴力犯罪の比重が高かった。10代の少年が学生と勤労者に割れていた頃で、後者の地位不満が暴発することも多かった。

第3の波は1983(昭和58)年。この年の刑法犯検挙・補導人員は31万7438人と戦後最多となる。現在の10倍以上だ。スリル目当ての万引きといった「遊び型」が多く、豊かな社会になったものの、受験競争や管理教育が横行していた当時の状況を反映している。その後は減少傾向で、1998(平成10)年に小さな山ができた後は、減少の速度がさらに加速している。

2020年の刑法犯検挙・補導人員は3万2063人で過去最少、最も多かった1983年の10分の1だ。これは少子化という人口変化では到底説明できない。非行統計の上では、今の子どもは随分おとなしく見える。インターネット上での誹謗中傷(いじめ)というように、悪事をする場が変わっていることにも注意が要るが、警察統計で見る限り、少年の非行は大きく減っているのは明らかだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中