最新記事

日本社会

見過ごされている「無園児」と育児ストレスの関係

2022年7月20日(水)11時00分
舞田敏彦(教育社会学者)
家庭の母子

入所要件を満たしていないことなどから多数の就学前児童が「無園児」として過ごしている takasuu/iStock.

<保育所に空きが出ている地域では、利用要件を緩和して希望する家庭に門戸を開いてはどうか>

学校への就学が義務付けられるのは6歳になってからだが、それまでの時期(就学前)の過ごし方は多様だ。幼稚園や保育園に行く子もいれば、どちらにも行かずに家庭で過ごしている子もいる。

2020年の『国勢調査』によると0~5歳児は551万人で、内訳は幼稚園児が14.0%、保育園児が33.8%、認定こども園児が10.1%、その他が42.1%となっている。以前は幼稚園児が多かったが、共稼ぎ世帯の増加もあって今では保育園児の方が多い。幼稚園に保育園の機能(長時間預かり)を持たせた認定こども園もできていて、こちらも在所者が増えている。

残りの「その他」は、これらの学校・施設に行っておらず、家庭で過ごしている子とみていい。いわゆる「無園児」で、その数は232万人。生後間もない乳児が多いが、年齢を上がっても一定数いる。上記の内訳を、年齢別に示すと<図1>のようになる。

data220720-chart01.png

0歳の乳児では無園児が9割を占める。年齢を上がるにつれ幼稚園や保育園に通う子が増えるが、3歳でも28.5%、5歳でも15.2%が無園児だ。児童福祉施設の保育園は「保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うこと」を目的とし、保護者がフルタイム就業をしていることが入所要件だが、これを満たしていないということで、わが子を預けられない家庭も多い。その他、独自の教育を受けさせているなど事情は様々だろうが、無園児が思ったより多いという印象を受ける。

無園児の保護者の中には、育児ストレスを抱えている人もいるだろう。家庭内で四六時中接していては、わが子といえど可愛いと思えず、些細なことで手を上げてしまうこともある。集団生活を経験していないことが、小学校での生活への溶け込みを難しくすることもあり得る(小1プロブレム)。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

EU、輸入天然ガスにメタンの排出規制 30年施行

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中