最新記事

ネット

【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

2022年5月13日(金)19時35分
若道いつき

ゴキブリを餌に繁殖する猛毒のブラジリアン・イエロー・スコーピオン(写真はイメージです) ViniSouza128-iStock

<ブラジル原産のキョクトウサソリ科の一種ではないかとユーザーは推測>

もしも壁一面をサソリに覆い尽くされた部屋を見なければならないとしたら、いったいどんな心の準備をしておけばいいのか。

何千匹、いや何万匹ともいえるサソリのうごめく動画がニュース投稿サイト「レディット」にアップロードされ、多くのユーザーの背筋を凍らせている。

この動画の出所や撮影場所は不明だが、撮影者にポルトガル語のアクセントがあることからブラジルで撮影されたものではないかと見られる。キャプションには「廃屋」とある。サソリの種類はブラジル原産のキョクトウサソリ科の一種ではないかと推測するユーザーの声もあった。

案の定コメント欄には「悪夢」などのワードが見られ、多くのユーザーが悲鳴を上げている。

ブラジル出身のユーザーは「下水道からゴキブリのように這い出てくるサソリに困っている」と述べた。また別のユーザーは、「このサソリは単為生殖、すなわち交尾することなく出産できるため、これだけの数になっても不思議ではない」と説明している。

ナショナルジオグラフィックによると、サソリは普通の節足動物の3分の1まで代謝を下げる能力がある。この能力が食料源のない住居での繁殖を可能にしている。サソリはクモ綱に属し、クモやダニ、マダニと近縁。砂漠に広く分布すると誤解されているが、ブリティッシュコロンビア、ノースカロライナ、ヒマラヤ山脈、そしてブラジルにも生息している。サソリは約2000種存在するが、そのうち人間を殺してしまうほどの毒を持つのは30~40種だという。

メイヨー・クリニックによれば、「毒の影響を最も受けやすいのは幼児と高齢者」であり、「医療体制が整っていない地域において、サソリによる刺傷は重大な公衆衛生の問題だ」と述べている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ECB分断化防止策、重要なのは「闘う意思」=スペイ

ビジネス

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構え

ワールド

米は「アジア版NATO」構築、北朝鮮が非難 防衛力

ビジネス

午後3時のドルは小幅安、実需売りの後は一進一退 ト

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月