注目のキーワード

最新記事

ゲーム

ゲームと現実の奇妙な類似...コロナ禍の世界に『デス・ストランディング』が教えること

The Real-life Lessons of “Death Stranding”

2022年4月15日(金)17時17分
クレア・パーク(ニューアメリカ財団オープン・テクノロジー研究所プログラムアソシエート)

配達人のサムは訪れた町を通信網につなぎつつアメリ救出を目指す SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT/KOJIMA PRODUCTIONS–SLATE

<人気ビデオゲーム『デス・ストランディング』は、新型コロナで分断された現実世界の住民たちに、人と人がネットワークでつながることの意味を問い掛ける>

人気ビデオゲーム『デス・ストランディング』(コジマプロダクション制作)を友人から勧められたのは昨年秋のこと。高速通信網の整備に650億ドルを投資することなどを定めたインフラ投資法案がアメリカ連邦議会で可決・成立したのと同じ頃だった。

プレーを始めてから数分で、私好みのゲームではないことに気付いた。没入感が強すぎたし、大型モンスターや殺し屋の類いがそこらじゅうをうろうろしているのも気に入らなかった。その一方で、誰もがインターネットを使える「ユニバーサルアクセス」の実現を目指して働いている筆者にとって興味深い部分が数多くあった。

このゲームが発売されたのはコロナ禍が始まる前の2019年11月だが、パンデミックとそれに伴う都市封鎖によって、現実の世界とゲーム世界の間に類似点がいくつも生まれた。そこから、ネットワーク通信の本質が見えてくる。『デス・ストランディング』制作者の小島秀夫は、つながることの大切さがこのゲームのメインテーマの1つだと繰り返し語っている。

この春、新たに拡張要素を加えたPC版の『デス・ストランディング ディレクターズカット』が発売された。米政府が高速通信整備費の分配計画を策定している今、あらゆる人が高速インターネットに接続できることの大切さをこのゲームを通して考えてみたい。

怪現象で荒廃した近未来のアメリカが舞台

『デス・ストランディング』の舞台は近未来のアメリカだ。恐るべき怪現象のせいで世界は荒廃し、外を出歩くのは非常に危険になっている。主人公サムは危険を冒しつつも離れた場所にいる人に荷物を届ける「配達人」だ。義理の母である大統領とその娘アメリから、キューピッドと呼ばれる特殊装置を用いて全米各地の町を通信ネットワークにつなぐよう依頼される。

ゲーム内でも過去2年間の現実世界でも、外に出て他の人々とじかに会うことは命の危険を伴う。そうした状況下では、ネットワーク通信にアクセスできるかどうかが非常に重要になってくる。現実世界においてインターネットは、人々が他人と距離を取りつつリモートで仕事を続け、学校の授業を受け、国からの支援金を受け取り、医師の診察を受けるのに欠かせないツールであり続けている。

そして『デス・ストランディング』から分かるのは、ネットへのアクセスを広げることの重要性だ。この世界では怪現象が起きたことで橋や道路といった基本インフラが破壊され、人々は分断され孤立している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン氏国内遊説へ、中間選挙へインフレ抑制法案な

ビジネス

EU、米EV購入税控除はWTO違反と懸念=報道官

ビジネス

米卸売物価、7月は前月比0.5%低下 基調的インフ

ワールド

ザポロジエ原発に再度砲撃、ロ・ウクライナ双方が相手

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 6

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 7

    25本の指を使って毛布をこねこねする猫

  • 8

    韓国、観測史上最大の約450ミリの集中豪雨 半地下に…

  • 9

    アートとNFTめぐるダミアン・ハーストの実験 4800人…

  • 10

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月