最新記事

フィギュアスケート

これさえ知ればフィギュア通! 北京五輪男子代表3選手の神演技をおさらいする

2021年12月30日(木)18時05分
茜 灯里(作家・科学ジャーナリスト)
羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真

3選手ともメダルを獲得できる力を持つ(左から羽生結弦選手、宇野昌磨選手、鍵山優真選手) From Left:Massimo Pinca-REUTERS, Issei Kato-REUTERS, Ciro De Luca-REUTERS

<北京五輪でメダル獲得が期待される羽生結弦選手、宇野昌磨選手、鍵山優真選手──三者三様の魅力を彼らの代表的な過去の演技から解説する>

全日本フィギュアスケート選手権大会が26日に終了し、北京五輪の出場選手が決定しました。

日本に与えられている代表枠は、シングル男子3名、女子3名、ペア1組、アイスダンス1組です。男子は羽生結弦選手、宇野昌磨選手、鍵山優真選手、女子は坂本花織選手、樋口新葉選手、河辺愛菜選手、ペアは木原龍一・三浦璃来組、アイスダンスは小松原美里・尊組が選出されました。特に男子代表の3名は、今年3月に行われた世界選手権で2位から4位を占めており、北京五輪での複数メダル獲得の期待もかかります。

フィギュアのシングル競技は、ショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)の2演技の合計点で競います。北京五輪をより深く楽しむために、今回は男子代表選手の今年のSPとFSの演技の見どころと、過去の代表的な名演技をご紹介します。

羽生結弦選手(27)──前人未到の偉業に挑戦する志の高さ

SP「序奏とロンド・カプリチオーソ」、FS「天と地と」

2014年ソチ五輪、2018年平昌五輪の2大会連続金メダリスト。2018年には23歳の最年少で国民栄誉賞(個人)を受賞しています。細身で優美なスタイルを持ちながら、闘志を表に出して有言実行するアグレッシブさが魅力の選手です。

今季のSPは、サン・サーンス作曲のバイオリンと管弦楽の協奏曲を、ピアニストの清塚信也さんがアレンジにしたものです。振付は「羽生結弦らしさ、羽生結弦にしかできない表現」を目指したと言います。初披露となった全日本選手権では、いきなり今季世界最高得点をマークしました。とくに採点で10点満点を出した「音楽の解釈」、つまり音楽と演技の調和が見どころです。

いっぽうFSは、昨季に続きNHK大河ドラマのテーマ曲です。昨季との最も大きな違いは、冒頭に前人未到の「4回転半ジャンプ」を予定していること。全日本選手権の12/23の公式練習では片足で着氷するなど、試合での成功まであと一歩のところまできています。4回転半ジャンプは、難易度や危険性に比べて配点が低く「割りに合わないジャンプ」です。それでも世界初の偉業にチャレンジしたいという羽生選手の志の高さが注目ポイントです。

羽生選手を語る上で外せない3つの演技があります。

1つ目は2012年世界選手権(仏ニース)のFS「ロミオとジュリエット」です。SP7位と出遅れ、FSでも中盤で転倒するアクシデントがありながら、ジャンプ、スピン、ステップの要素を完璧にこなす迫真の演技でFS2位となり、銅メダルを獲得しました。世界中のフィギュアファンが羽生選手に注目するきっかけとなり、「ニース落ち」(ニース大会の演技で羽生選手の大ファンになること)という言葉が流行するほどのブームが起こりました。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で底堅い、対ドル以外で

ワールド

エクアドルが中国人ビザ免除停止、昨年来3万人超不明

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏再任の賛成票比率は71.93

ワールド

米有力議員ら、インドでダライ・ラマに面会 今週渡米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中