最新記事

コロナ出口政策

ドイツで注目の出口政策モデルプラン 「デイパス」とは

2021年4月7日(水)16時15分
モーゲンスタン陽子

クイックテストを受け、陰性の結果が出た人は、その当日に限り有効な「デイパス」を受け取る...... REUTERS/Kai Pfaffenbach

<暗い冬が終わり日が長くなる春先は、ドイツ人の誰もが外出したくなる季節だ。しかし、長引くロックダウンに一般市民の我慢も限界に達している。そんな中、ある出口政策モデルプログラムが注目を集めている。>

どうやって「普通」を取り戻すのか

2月に大寒波が襲ったせいか、ドイツの春は今年はやや遅めに訪れた。3月末、サマータイムが始まり、気温が上昇し、日差しが強くなると、復活祭間近ということもあって、大勢の人々が戸外に繰り出した。現在はまだロックダウン中だが、街角や公園に人々が集う風景はまるでパンデミックなどないかのようだ。警官はいるが、特に取り締まりもない。コロナ抑止の行動制限に反対するデモでもなく、春先に太陽を求めて集う人々を、警察も取り締まる気になれないのだろう。

ロックダウンがあまりにも長引き、ルール変更も多すぎて、現在どんな制約があるのかもはや人々も追いつけていない。だが、欧州は第三波に突入しており、状況は「クリスマスより悪くなる」と言われている。メルケル首相も第三波は基本的に「新しいパンデミックの到来」だと述べた。つまり、1年間頑張った末に「振り出しに戻る」というわけだ。人々の我慢もそろそろ限界に達している。

これから日差しがどんどん強くなり、ドイツ人にとって大変重要な夏休みのシーズンもやってくる。いつまでも市民の生活を制限するわけにもいかない。そこで、バーデン=ヴュルテンベルク州の大学都市テュービンゲンの実験モデルが注目を集めている。

テストで陰性ならデイパスをもらえる

テュービンゲン大学とテュービンゲン地区ドイツ赤十字、および州が協力して実験的に行われている「安全とともに開く」プロジェクトでは、市中心部の数カ所で無料で提供されているクイックテストを受け、陰性の結果が出た人は、その当日に限り有効な「デイパス」をもらい、市内の施設を比較的自由に利用できるというものだ。例えば、レストラン屋外での食事やショッピングはもちろん、劇場や映画館などにも入れるようになる。その際もマスク着用やソーシャルディスタンシングなどのルールはこれまでどおり適応される。

実験プログラム開始に伴い、テュービンゲンでは屋内での舞台も復活した。ホテルやスポーツ施設などはまだこれに含まれていないが、それでも市民の反応は上々のようだ。14歳以上の市民、および近郊の人々もこのシステムを利用できる。

3月15〜21日の第1週目を終えた後の報告によると、3万件弱の検査数のうち、ドイツ赤十字社ではなく民間協力会社がサポートしている3つの検査所で約30の誤診が報告されたが、これもトレーニングを徹底すれば克服できるとして、プロジェクトの続行が推奨された。

だが、続く3月末にかけて気候が良くなると、市民だけではなく、噂を聞きつけた近郊都市からも人々が押し寄せ、検査数が週に6000件も増加。9つある検査ステーションのキャパシティはそれぞれ1日9000なので対応可能範囲ではあるものの、25日〜28日には7日間発生率が35から66.7と2倍近くになってしまった。現在では110を超えている。

ニュース速報

ワールド

NZ中銀、政策金利を0.25%に据え置き 資産買い

ワールド

原油先物は続伸、米在庫減とOPEC需要見通し引き上

ワールド

バイデン米大統領、28日に議会演説 ペロシ下院議長

ワールド

バイデン政権、UAEへの武器売却計画を続行 230

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月