最新記事

歴史

硫黄島記念碑の星条旗にアメリカ人が見いだす真の意味

Monumental Perceptions

2021年1月4日(月)13時30分
キース・ロウ(イギリス人歴史家)

アメリカが第2次大戦に参戦したのは、1941年12月7日、日本が真珠湾に奇襲攻撃を仕掛けたのがきっかけだった。この悪名高い攻撃は、現在もアメリカの方向性を決定づけた歴史的な重大事件として記憶されている。

日本軍は1時間半にわたり、米太平洋艦隊の艦艇や飛行場や港湾施設を爆撃し、アメリカ側に死者2400人以上、負傷者約1200人の被害を与えた。米軍の艦艇21隻、航空機188機が失われた。

アメリカ社会は言葉で表せないほどの衝撃を受けた。以降、その衝撃に比肩するのは2001年の米同時多発テロしかないとされる。

全ては真珠湾が始まり

真珠湾攻撃の背景にあったロジックは単純だ。日本は太平洋地域を支配したいと考えていて、アメリカにこの地域から手を引かせたかった。そこで米太平洋艦隊に迅速に大打撃を与えれば、アメリカは日本の求める交渉に応じてくるだろうと考えた。

これはリスクの大きい戦略だった。アメリカが戦わずして諦めることは絶対にない。案の定、当初の衝撃から立ち直ると、アメリカは断固たる反撃を開始した。そして3年半かけて、太平洋を西へ西へと勢力を広げた。

しばしばその最前線にいたのが海兵隊だ。そして硫黄島は、彼らが最初に到達した日本の領土だった。

4日間に及ぶ激戦の末、数人の海兵隊員が、島で一番の高台である摺鉢山(すりばちやま)の頂上にたどり着いた。そこで彼らは日本軍が放置していった水道管に米国旗をくくり付けた。その数時間後、別の海兵隊員のグループが、もっと大きな星条旗を持ってきて付け替えた。ローゼンタールが捉えたのはその瞬間だ。

硫黄島記念碑はアメリカ人の断固たる決意と粘りと結束を象徴している。6人の海兵隊員は、米国旗を立てるという1つの目的のために全力を振り絞っている。彼らの手は同じポールを握り、彼らの足は同じ方向に曲がっている。

これは暴力の記念碑だ。殺害される日本兵の姿はないが、敵国の領土に6人の米海兵隊員が星条旗を打ち立てる力には、控えめに言ってもより暗い何かが見え隠れする。それは、当時の米国民が目にすることを許されなかったものだ。

だが、硫黄島記念碑は何にもまして報復を体現する。真珠湾攻撃で始まった物語は、日本の領土にアメリカの国旗を掲げる米軍によって終わる。これはあからさまな警告だ。アメリカを攻撃すれば、誰もが同じ結末を迎える、と。

ニュース速報

ビジネス

G20財務相、景気支援策維持で合意 多国間主義的対

ワールド

サウジ皇太子、カショギ記者殺害を承認 米が報告書

ビジネス

デジタル課税、米が「セーフハーバー」提案取り下げ 

ワールド

米感染減は鈍化、「抑制策緩める時でない」=CDC所

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 5

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 10

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月