注目のキーワード

戦争

Newsweekアーカイブ『戦争』に関する記事一覧

        
国家元首かアイドルか......人権なき「天皇制」の未来は
外交官の万華鏡 河東哲夫

国家元首かアイドルか......人権なき「天皇制」の未来は

<「万世一系」と敗戦処理により酷で半端な存在に? 天皇退位を前に考えるタブーなき改革案> 今上天皇...

2019.03.28
斎藤工&松田聖子『家族のレシピ』のエリック・クー監督に聞く
監督インタビュー

斎藤工&松田聖子『家族のレシピ』のエリック・クー監督に聞く

<ラーメンとバクテーがつなぐ日本とシンガポールの家族3世代の物語> 日本のラーメンとシンガポールの...

2019.03.15
「徘徊型」自爆ドローンがもたらすもっと危険な暗殺戦争
無人機

「徘徊型」自爆ドローンがもたらすもっと危険な暗殺戦争

<標的の近くを長時間飛び回り、チャンスを見計らって特攻する超小型の無人兵器──それは、これまでとはま...

2019.02.25
「許そう、しかし決して忘れまい」と誓ったシンガポール、ナチスのかぎ十字ワッペン販売 アジアで薄れる戦争犯罪の影
戦争犯罪

「許そう、しかし決して忘れまい」と誓ったシンガポール、ナチスのかぎ十字ワッペン販売 アジアで薄れる戦争犯罪の影

<第二次世界大戦で多大な死者を出し、戦争記憶の継承を大切にしている国の博物館で、まさに戦争犯罪を美化...

2019.02.24
殺りくの号砲響かせた「バランギガの鐘」 117年ぶりに米国からフィリピンに返還
フィリピン

殺りくの号砲響かせた「バランギガの鐘」 117年ぶりに米国からフィリピンに返還

<かつて敵味方に分かれて血みどろの闘いをした米国とフィリピン。当時の「戦利品」が里帰りしたのは政治的...

2018.12.12
慰安婦合意を捨て去った、韓国「馬耳東風」の論理
韓国

慰安婦合意を捨て去った、韓国「馬耳東風」の論理

<文在寅政権が「和解・癒やし財団」の解散を発表――強気の背景には世界的な人権重視のトレンドがある> ...

2018.11.30
植民地支配の亡霊はここにも 米政府、フィリピン人虐殺の戦利品「バランギガの鐘」返還へ
歴史問題

植民地支配の亡霊はここにも 米政府、フィリピン人虐殺の戦利品「バランギガの鐘」返還へ

<20世紀の植民地支配の記憶が蘇るのはアジアに留まらない。1901年、ある鐘の音をきっかけに10歳以...

2018.11.15
徴用工判決の背後にのぞく、韓国・文政権の「日本軽視」
韓国

徴用工判決の背後にのぞく、韓国・文政権の「日本軽視」

<北朝鮮との融和に邁進する韓国政府に、日韓関係はお呼びじゃない?> 日韓関係に冷風が吹きすさびそう...

2018.11.09
平壌共同宣言は過去の合意の二番煎じだ
朝鮮半島

平壌共同宣言は過去の合意の二番煎じだ

<平和と緊張緩和をぶち上げたが、非核化の具体策はなし――アメリカは「急ぎ過ぎる」韓国側をペースダウン...

2018.09.29
        
アンネの物語を現代に──「少女の悲劇」はポップカルチャーで生き続ける
for WOMAN

アンネの物語を現代に──「少女の悲劇」はポップカルチャーで生き続ける

<『アンネの日記』との出合いが生んだ名盤から20年。普通の少女の悲劇がポップカルチャーで生き続ける>...

2018.09.21
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら