最新記事

感染症

水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

Two Boys in U.S. Die From Brain Eating Amoeba

2020年9月14日(月)16時50分
ハナ・オズボーン

脳を食べるアメーバ、フォーラーネグレリア(学名ネグレリア・フォーレリ)の3Dイラスト。 Dr_Microbe-iStock.

<湖やプールなどの淡水に棲み、鼻から入って脳を餌にするアメーバがまた出現。アメリカで少年2人が犠牲になった>

アメリカで2人の少年が脳を食べるアメーバに感染して死亡した。テキサス州のジョサイア・マッキンタイア(6歳)は発症の約1週間後に亡くなり、フロリダ州のタナー・レイク・ウォール(13歳)は、湖で泳いだ日から数日後に死亡。湖でアメーバに感染したとみられている。

この2人の死亡に先立って、インドの屋内プールで泳いだ後、同じアメーバに感染して死亡した44歳の男性の例がニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)で報告されていた。この症例を発表したのは、サンタクララバレー医療センターの医師だが、診断と治療がどこで行われたかは明らかではない。

3人の死の原因となったのは、フォーラーネグレリア(学名ネグレリア・フォーレリ)というアメーバだ。

フォーラーネグレリアは、湖、川、温泉などの淡水でよく見られる単細胞生物だ。また水の塩素消毒が十分ではないプールや、汚染された水道水にも生息していることがある。

このアメーバは通常、鼻から人体に侵入する。そして脳に到達すると、原発性アメーバ性髄膜脳炎を引き起こす。これは中枢神経系の病気であり、脳とその周辺に炎症を引き起こし、破壊する。患者はたいていの場合、感染から5日後に死亡する。

患者の反応がおかしい

原発性アメーバ性髄膜脳炎は非常にまれな病気だ。米疾病管理予防センター(CDC)の2018年の報告書は、アメリカにおけるフォーラーネグレリアの死者数は年間16人程度と推定する。

44歳の男性は救急病院に到着した時点で、激しい咳に苦しみ、意識は混濁していた。症状は救急搬送される前日から現れていた。そしてその5日前に泳いでいたことが明らかになった。

体温は39.8度、心拍数は毎分120に上がっていた。報告によれば「質問に答えることはできず、目を刺すような素振りをしてもまばたきをしなかった。だが脳幹の反射は保たれており、痛みを伴う刺激を与えると、腕と足をひっこめようとした」。

当初、男性には細菌性髄膜炎の抗生物質が投与された。熱は少し下がったが、意識障害は改善しなかった。さらなる検査で、フォーラーネグレリアの感染が明らかになった。報告によればそれは、「生存の記録はまれで、たいていは死に至る」感染症だ。男性は病院搬送から5日後に死亡した。

<参考記事>人間の脳を食べるアメーバに感染、米サーファーが死亡
<参考記事>「脳を食べるアメーバ」北上中?

ニュース速報

ビジネス

政府、GoToトラベルから札幌と大阪の除外決定 1

ワールド

日中外相が会談、11月中のビジネス往来再開で一致 

ワールド

欧州当局、年末までにコロナワクチンの科学的意見作成

ビジネス

独11月IFO業況指数は90.7へ低下、第4四半期

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    南北融和の機運は減退? 韓国人の対北感情が冷ややかに変化

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    GoToは全廃が筋

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    欧州コロナ感染1500万人超に、フランス・ロシアが深…

  • 7

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 8

    トランプの娘イヴァンカも始めた、右派「検閲なし」S…

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月