最新記事

BOOKS

相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の姿勢

2020年8月14日(金)11時40分
印南敦史(作家、書評家)

性格は明るく社交的。学生時代も、クラスのリーダー的存在だったという。なにかともっともらしい理屈を並べてみせるのも、頭の回転は悪くないからなのかもしれない。

だが、物事の理解の仕方が極端に偏りすぎているので、ひとつひとつの主張が大きく空回りしているのだ。

2018年3月から9月にかけて行われた2度目の精神鑑定では、「パーソナリティ障害の状態にあった」などと診断された。パーソナリティ障害についてどうこう主張するだけの知識は私にないが、少なくとも責任能力がないようには思えない。

また、本書を読み進めながら、心底恐ろしいと感じたことがある。

責任能力がないような状態であったから怖いのではなく、自身の極端な考え方を信じ込みすぎてしまっているからこそ怖いのだ。事実、被告は大量殺人に臨んだが、反省の念をまったく抱いていない。

それは独善的な思想以外のなにものでもない。だが周囲がどれだけ理解させようとしても、それを受け入れようとしない。意地を張ってそれを拒むのではなく、はなから受け入れる必要のないことだと信じているふしがある。

しかも、ひとつひとつの発想が驚くほどに薄っぺらい。なのに、非常に大きな自信を持っている。だから、結局は堂々巡りで終わってしまっている。そういうことなのではないだろうか?

2020年1月24日に行われた第8回公判を傍聴した社会学者の最首悟氏も、次のように語っている。自身も重度障害者の娘を持ち、被告と面会したこともある人物である。


――この日の被告を見て何を感じましたか
 本当の動機を弁護側が被告から引き出せていたのか疑問だ。被告は「お金が欲しい」「大麻はいい」と繰り返したが、その言葉に深みはなく、犯罪とは結びつかない印象を覚えた。
 現代社会には、生産性のない存在を始末するという思想が蔓延している。「重度障害者は不要」という考えはこの社会に生きる者として到達したものとも言え、被告は全世界の若者に支持されると思っている。形式的な殺人罪を犯したことは認めるが、実質的な罪は犯していないと言いたいのだろう。(188ページより)

つけ加えるなら、被告は「生産性」の意味を履き違えていると私は感じる。生きているということは、それ自体に生産性がある。ましてやそれは、他者の主観によってジャッジされるべきものではない。

本書には、事件で失った人への思いを明らかにする遺族の生の声も数多く収録されているが、それらを目にするとなおさらそう感じずにはいられない。

だが結局、彼は最後までそんなことを理解できないで人生を終えるのだろう。

死刑判決を受けたことについての気持ちを問われ、「前から出るだろうと思っていたので、だからどうということでもない」と答えているが、そんな中途半端な状態のまま、刑を受けることになるのだ。

そう考えると、やはり腑に落ちない部分が残る。


相模原障害者殺傷事件
 朝日新聞取材班 著
 朝日文庫

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

【話題の記事】
婚約破棄、辞職、借金、自殺......知られざる加害者家族の苦悩
売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......
日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員に罵声を浴びさせる

[筆者]
印南敦史
1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「WEBRONZA」「サライ.jp」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、「ダ・ヴィンチ」などにも寄稿。ベストセラーとなった『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)など著作多数。新刊は、『書評の仕事』(ワニブックス)。2020年6月、日本一ネットにより「書評執筆本数日本一」に認定された。

2020081118issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
楽天ブックスに飛びます

2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 3

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 6

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 9

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月