最新記事

BOOKS

婚約破棄、辞職、借金、自殺......知られざる加害者家族の苦悩

2018年3月23日(金)17時42分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<息子が人を殺しました――。そのとき犯人の家族に何が起こるのか。加害者家族支援NPOの代表が明らかにする実態>

息子が人を殺しました――加害者家族の真実』(阿部恭子著、幻冬舎新書)は、ある大切なことについて改めて考えるためのきっかけを与えてくれる。それは、各種報道メディアから送られてくる情報を、なんとなく受け止めているだけではなかなか気づくことのできないことだ。

殺人事件が起きた場合、当然の流れとして犯人についてのさまざまな情報が行き交うことになる。そしてそれらは、「許せない」というように私たちの感情を過度に刺激することにもなるだろう。それは仕方がないのだが、問題はいつしかそのような憎悪の矛先が、犯人だけでなく、犯人の家族にも向けられていく場合があることだ。


 犯人にも、家族がいる。両親、配偶者、きょうだいなどの犯人の家族は、事件後、どのような人生を送るのか。被害者側の怒りや悲しみ、犯人への憎悪や応報感情の矢面に立たされるのは、塀の中に隔離される犯人ではなく、加害者家族の方なのだ。(4ページ「はじめに」より)

著者は、日本で初めて加害者家族支援を始めた組織だというNPO法人「World Open Heart」の代表。2008年以来、日本中を震撼させた凶悪犯罪、性犯罪、いじめ事件などに関連する1000組以上の加害者家族を支援してきたのだという。つまり本書では、そのような実績を軸に、明らかにされることの少なかった加害者家族の実態が浮き彫りにされているわけである。

まず第一章「家族がある日突然、犯罪者になる」の冒頭で紹介されているのは、早朝の電話によって大きな衝撃を受けることになった老夫婦のケースだ。


 早朝に鳴り響く電話のベル。後藤よし子(60代)は、悪い予感と共に目覚めた。この時間の電話によい知らせはない。
 まず脳裏に浮かんだのは、90歳をすぎた母だ。倒れたりしていないといいが......。(中略)
「○○警察署の......」
 病院ではなく、警察――。受話器の向こうから語られる予想だにしない出来事に、よし子は一瞬、耳を疑った。
 夫の康夫もまた、電話の音に親族の死を覚悟した。しかし、なかなか電話を切らない妻の様子が気になった。
「え? 何でしょう......、おっしゃっている意味がわかりませんけど......」
 よし子は取り乱し、電話の相手に質問を繰り返していた。(中略)
「何の電話だ?」
 康夫は、今にも倒れそうなよし子の体を支えながら問いただした。
 すると妻は、こう言った。
「お父さん、あの子が人を殺しました......」(11~12ページより)

息子の正人が殺したのは、1年ほど前、交際相手としてふたりのもとに連れてきた女性だった。その女性に別の交際相手がいたため、別れ話がこじれたことが原因だった。

アクリル板を隔てての面会時、両親は「僕はやっていない、人殺しなんかしていない!」と訴える姿を期待していたそうだが、それは充分に納得できる話だ。普通の人にとって、あまりにも非現実的なことであるはずだからだ。ところが結果的に、それは動かしようのない事実だと確信する以外になかった。

ニュース速報

ビジネス

中国、成長安定とリスク防止のバランス取る=人民銀総

ワールド

EU、英に決断迫る 通商協議の時間切れ迫る

ワールド

タイで王室支持者数十人が集会、「国王には手を出すな

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 10

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月