最新記事

中朝関係

「感染症で死ぬ前に餓死する」対中貿易が途絶えた北朝鮮で悪化する人道危機

Virus Border Closure Pains North Korea

2020年7月30日(木)18時45分
ガブリエラ・ベルナル(朝鮮半島情勢アナリスト)

中朝国境に架かる中朝友誼橋(左)と朝鮮戦争中に破壊された鴨緑江断橋 CHINA PHOTOS/GETTY IMAGES

<金正恩はコロナ対策強化を指示したが食料と医薬品の不足が国民を直撃>

中国湖北省武漢での新型コロナウイルス発生を受け、北朝鮮が中国との国境を封鎖したのは今年1月末。対中貿易の激減で北朝鮮の経済は壊滅寸前に追い込まれている。

中朝貿易は6月にも再開すると見込まれていたが、国境封鎖は今も続き、北朝鮮は深刻な物資不足に陥っている。

北朝鮮国内からの情報によれば、封鎖解除の延期を決めたのは北朝鮮側とみられる。中国では最近、遼寧省など東北部で新たな感染者が報告されている。北朝鮮は国境地帯での感染再燃が国内に飛び火するのを警戒したのだろう。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最近の動きもそうした見方を裏付ける。金委員長が議長を務めた7月2日の政治局拡大会議では、主に新型コロナウイルス対策が話し合われた。金は周辺国で再び感染者が増えている状況から警戒を緩めてはならないと強調、ウイルスの流入を防ぐため今後も半年間は強固な厳戒態勢を維持するよう指示した。北朝鮮当局はコロナ対策を最重要とは言わないまでも、重要な政策課題に据えたとみていい。

だが厳重な防疫措置は、北朝鮮の人々を新型コロナウイルスから守る以上に物資不足で締め上げる結果を招いた。中朝貿易は今年3、4月に前年同期比で9割も減少。北朝鮮経済は目下、史上最悪レベルの苦境に陥っている。

北朝鮮に対する国連の制裁が大幅に拡大された2016年以降、中朝貿易は増加し続け、中国は北朝鮮の対外貿易の95%を占めるまでになった。そのため制裁違反の密輸品は別として、北朝鮮の人々の生活は中国から流入する物品に大きく依存してきた。

しかも、ここ数年で中国は北朝鮮の最大の輸出先にもなった。国連の制裁で北朝鮮が輸出できる品目は大幅に制限されているが、中朝の当局者は制裁回避に知恵を絞り、密接な貿易関係を維持してきた。例えば北朝鮮は制裁対象に含まれない腕時計、かつら、付けまつ毛などを大量に中国に輸出。こうした品目では貿易額はたかが知れているが、それでも北朝鮮は対中輸出で貴重な外貨を確保してきた。

病院に薬の製造を命令

それ以上に重要なのは食料の安定的な確保だ。中国の貿易統計によれば、北朝鮮向けの食料輸出は昨年史上最高を記録した。昨年初め北朝鮮の農業生産が大幅に低下したと伝えられたが、食料品の価格が比較的安定していたのは中国の大量輸出のおかげだろう。

【関連記事】「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金与正への不満吐露
【関連記事】中国で性奴隷にされる脱北女性

ニュース速報

ワールド

WTO事務局長、コロナワクチン増産と公平分配の必要

ワールド

原油先物は反落、米在庫の減少で下値堅い

ワールド

インドとパキスタンが極秘会合、カシミール地方の緊張

ビジネス

米ウーバー、9月中旬までにオフィス勤務再開へ

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 3

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 4

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 5

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 6

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 7

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 8

    飲食店の「違反営業」許さず! 米市当局の過激な実力…

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月