最新記事

国家安全法

豪州も中国に反抗、ファイブアイズが香港市民を救う?

Five Eyes Nations Draw Fury From China by Pushing Back on Hong Kong Law

2020年7月10日(金)15時20分
デービッド・ブレナン

オーストラリアのマリズ・ペイン外相は8日、香港および香港国家安全維持法の問題について、ファイブアイズの同盟諸国と電話会議を行ったとツイート。同法は「一国二制度や国際的な合意への信頼を損なうものだ」として、「我々は力を合わせて人権と自由のための取り組みを行っていく」と述べた。

アメリカは中国共産党の複数の当局者に制裁を科し、香港の貿易上の優遇措置を撤廃。イギリスは最大300万人の香港市民に対して、移住や市民権獲得の道を開く方針を発表した。カナダは香港との犯罪人引き渡し条約の停止、および軍事物資の輸出凍結を決定し、ニュージーランドは中国との関係を「見直す」と表明している。

中国政府はファイブアイズの「内政干渉」に激怒。これらの国々に派遣されている中国の大使たちは、現地政府に激しい非難や脅しの言葉を浴びせている。駐カナダ中国大使の从培武は7日、カナダ市民は中国政府がどのような報復を行うか「見ているがいい」と発言。駐英中国大使の劉暁明は、「我々はあなた方の友人になりたい。パートナーになりたい。だがもし中国を敵に回したいなら、よくない結果を招くことになるだろう」と述べた。

「中国は自国の利益を守る」

在ニュージーランド中国大使館も、現地政府に対して「香港問題や中国の国内問題に干渉するのをやめて、健全で安定した二国間関係を促進するためにもっと多くの力を注ぐべきだ」と警告した。

米中両国は、ドナルド・トランプ米大統領が就任して以降、ライバル関係にあった。だが香港の反体制派の抑圧と新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の問題が加わったことで、険悪な様相を呈している。

中国の王毅外相は9日、米中関係についてのバーチャル・フォーラムにメッセージを寄せ、アメリカは「もっと合理的かつ実利的な対中政策」を取るべきだと述べ、中国政府は対立を望んではいないが、必要とあれば自国とその利益を守る行動を取る」と発言。「中国はもうひとつのアメリカにはなれないし、なるつもりもない」と述べた。

【話題の記事】
国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉
メラニアとカナダのイケメン首相、G7で禁断の昼メロ劇場
カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは
セックスドールに中国男性は夢中

20200714issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。

ニュース速報

ワールド

豪政府債務、GDP比25%近くに急増 新型コロナ対

ビジネス

前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え

ワールド

G7財務相会合での議論、「言える段階にない」=麻生

ビジネス

G7財務相、最貧国の債務軽減策拡充への支持示す見通

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 10

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月