最新記事

宇宙

宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サイトの問いかけにユーザーの反応は

In Space No One Can Hear You Scream, But That's Not The Scariest Thing

2020年6月12日(金)16時50分
ジェームズ・クローリー

2011年に発見された太陽系外惑星「ケプラー16-b」(手前)。奥に見える2つの連星の周りを公転している NASA/JPL-Caltech

<ソーシャルニュースサイト「レディット」で盛り上がった宇宙の話>

果てしなく広がる宇宙空間は今も多くの謎に包まれている。未知なる部分が多いからこそ、宇宙を「恐ろしい場所」と考える人も多い。ソーシャルニュースサイト「レディット」のユーザーもそうらしい。6月10日、同サイトの「r/AskReddit(教えてレディット)」コーナーに「宇宙について最も恐ろしいと思うことは何?」という質問が投稿されると、大勢のユーザーが反応した。

「宇宙の果て」や「地球や太陽系の未来」、「私たちに影響を及ぼし得る大惨事」など、レディットのユーザーたちが挙げた「宇宙についての恐ろしい事実や謎」を以下に5つ紹介しよう。

真空崩壊

「Marycate11」というユーザーが最も恐ろしいもののひとつに挙げたのが、「真空崩壊」だ。「私たちはそれが本当に存在するのかも知らないし、その存在に気づいた時にはもう手遅れかもしれない」と彼女は書き込んだ。

真空崩壊については、科学雑誌「コスモス」の記事によると、何らかの刺激をきっかけに宇宙の安定が崩れると、真空が広がって世界の法則が狂い、地球も消滅するという仮説だ。

<参考記事>光がねじまげられる......ブラックホールをビジュアル化した画像が公開

圧倒的な虚無感

宇宙の虚無感と孤独に注目したユーザーも多かった。「blahblahrasputan」というユーザーはそれを、何時間走っても何も面白そうなものが見当たらない車での長旅にたとえ、「別の惑星まで行くのに、何年もその状態が続くと想像すると恐ろしい」と書いている。別のユーザーは、光の速度で移動するのがいかに「遅い」かを示す動画をシェアした。


浮遊惑星

「Rogue Planets(浮遊惑星)」は直訳すると「ならず者の惑星」だが、決して映画『メランコリア』(ラース・フォン・トリアー監督)に出てくるような架空の惑星ではない。浮遊惑星とは、特定の軌道を持たず宇宙空間を漂っている惑星のこと。恒星などの周りを周回していないため、追跡が難しく研究もより難しい。最新の宇宙望遠鏡を使えば研究のチャンスもあるかもしれない。

浮遊惑星についてはまだ分からないことが多いが、これについて投稿したユーザー「Back2Bach」は、浮遊惑星は地球を軌道からはじき出そうとするかもしれない恐ろしい惑星だと示唆。「浮遊惑星も別の天体によって軌道からはじき出された可能性が高く、今度は自分も同じことをしかねない」と書いている。

<参考記事>これが太陽表面!? 世界最大の望遠鏡で見た驚きの粒々模様

ニュース速報

ワールド

米海軍、南シナ海で軍事演習 中国への「対抗」は否定

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「休業要請は慎重に判断」

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 7

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 8

    「永遠のよそ者」ブルース・リーの知られざる苦悩

  • 9

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月