最新記事

サイエンス

これが太陽表面!? 世界最大の望遠鏡で見た驚きの粒々模様

Scientists Snap 'Most Detailed Images of the Sun Ever Taken'

2020年1月31日(金)16時25分
アリストス・ジョージャウ

これまでの5倍の精度で見た太陽表面。太陽物理学はこれから飛躍する? NSO/NSF/AURA

<世界最大の太陽望遠鏡が、これまで誰も見たことがない太陽表面の詳細を明らかにした>

全米科学財団(NSF)が、これまでで最も詳細な太陽表面の画像と映像を公開した。太陽にまつわる謎の解明につながるなど、今後の研究に役立つことが期待されている。

ハワイのマウイ島にあるダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡で撮影されたこれらの画像は、太陽の表面にある小さな粒状の模様をこれまでになく詳細に捉えている。

「太陽を撮影した画像としては、これまでで最も詳細なものだ」と、イノウエ太陽望遠鏡がある米国立太陽天文台(NSO)のクレア・ラフテリー広報担当は言う。「これまでは公共機関が所有する最大規模の太陽望遠鏡でも、大きさ160キロメートル程の構造や特徴までしか捉えることができなかったが、今回の画像は大きさ30キロメートル程の小さなものまで見える。つまりこれまでの5倍以上の精度ということだ」

さらに彼女はこう説明した。「今回撮影された画像や映像によって初めて、太陽表面の構造や特徴を詳しく見ることができる。これらの小さな明るい粒状のものが、コロナと呼ばれる太陽の大気層にエネルギーを放出していると考えられる」

ラフテリーは、今回撮影された粒状構造の画像や映像は、太陽の謎を理解する上でも役に立つかもしれないとも語った。太陽コロナの温度(100万℃を超えるとされる)がなぜ、太陽表面の温度(5500℃前後)よりも高いのかについては、これまで解明されていない。

主鏡の直径は4メートル

ダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡は、マウイ島のハレアカラ山頂(標高3055メートル)にあり、2019年に完成したばかり。世界最大の主鏡(対物レンズ)を備えているため、これまで以上に詳細な観測が可能だという。

「主鏡の直径は4メートルある」とラフテリーは言う。「世界で2番目に大きな太陽望遠鏡の主鏡の直径は1.6メートルだ。それよりも飛躍的に大きな主鏡を実現したことで初めて、太陽のより小さな、細かな特徴を調べることができるようになった」

研究者たちは、2018年に打ち上げられたNASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」、NASAと欧州宇宙機関(ESA)の協力により2月8日に打ち上げ予定の太陽観測衛星「ソーラー・オービター」と並んで、このイノウエ太陽望遠鏡もまた、太陽研究に新時代をもたらすものだと言う。

「太陽物理学者にとっては、ワクワクする時代だ」と、NSOのバレンティン・ピレは声明で述べた。「イノウエ太陽望遠鏡は太陽のコロナやその中で起きている磁気活動についての遠隔測定が可能だ。パーカー・ソーラー・プローブやソーラー・オービターと連携して太陽の磁場を観測することで、恒星とその惑星の磁場の関係について多方面からの理解が得られるだろう」

<参考記事>過去70年に観測された10倍規模の太陽嵐が、2600年前に発生していた
<参考記事>中国で次世代の核融合装置「人工太陽」がついに誕生へ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:世紀の巨大爆発を世界に配信、レバノン流血

ビジネス

焦点:中国ハイテク大手に逆風、米中緊迫で経営環境激

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    レバノン爆発、爆弾などの「外部介入の可能性も」=ア…

  • 9

    米財務省、香港の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁 自…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 8

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月