最新記事

サイエンス

これが太陽表面!? 世界最大の望遠鏡で見た驚きの粒々模様

Scientists Snap 'Most Detailed Images of the Sun Ever Taken'

2020年1月31日(金)16時25分
アリストス・ジョージャウ

これまでの5倍の精度で見た太陽表面。太陽物理学はこれから飛躍する? NSO/NSF/AURA

<世界最大の太陽望遠鏡が、これまで誰も見たことがない太陽表面の詳細を明らかにした>

全米科学財団(NSF)が、これまでで最も詳細な太陽表面の画像と映像を公開した。太陽にまつわる謎の解明につながるなど、今後の研究に役立つことが期待されている。

ハワイのマウイ島にあるダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡で撮影されたこれらの画像は、太陽の表面にある小さな粒状の模様をこれまでになく詳細に捉えている。

「太陽を撮影した画像としては、これまでで最も詳細なものだ」と、イノウエ太陽望遠鏡がある米国立太陽天文台(NSO)のクレア・ラフテリー広報担当は言う。「これまでは公共機関が所有する最大規模の太陽望遠鏡でも、大きさ160キロメートル程の構造や特徴までしか捉えることができなかったが、今回の画像は大きさ30キロメートル程の小さなものまで見える。つまりこれまでの5倍以上の精度ということだ」

さらに彼女はこう説明した。「今回撮影された画像や映像によって初めて、太陽表面の構造や特徴を詳しく見ることができる。これらの小さな明るい粒状のものが、コロナと呼ばれる太陽の大気層にエネルギーを放出していると考えられる」

ラフテリーは、今回撮影された粒状構造の画像や映像は、太陽の謎を理解する上でも役に立つかもしれないとも語った。太陽コロナの温度(100万℃を超えるとされる)がなぜ、太陽表面の温度(5500℃前後)よりも高いのかについては、これまで解明されていない。

主鏡の直径は4メートル

ダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡は、マウイ島のハレアカラ山頂(標高3055メートル)にあり、2019年に完成したばかり。世界最大の主鏡(対物レンズ)を備えているため、これまで以上に詳細な観測が可能だという。

「主鏡の直径は4メートルある」とラフテリーは言う。「世界で2番目に大きな太陽望遠鏡の主鏡の直径は1.6メートルだ。それよりも飛躍的に大きな主鏡を実現したことで初めて、太陽のより小さな、細かな特徴を調べることができるようになった」

研究者たちは、2018年に打ち上げられたNASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」、NASAと欧州宇宙機関(ESA)の協力により2月8日に打ち上げ予定の太陽観測衛星「ソーラー・オービター」と並んで、このイノウエ太陽望遠鏡もまた、太陽研究に新時代をもたらすものだと言う。

「太陽物理学者にとっては、ワクワクする時代だ」と、NSOのバレンティン・ピレは声明で述べた。「イノウエ太陽望遠鏡は太陽のコロナやその中で起きている磁気活動についての遠隔測定が可能だ。パーカー・ソーラー・プローブやソーラー・オービターと連携して太陽の磁場を観測することで、恒星とその惑星の磁場の関係について多方面からの理解が得られるだろう」

<参考記事>過去70年に観測された10倍規模の太陽嵐が、2600年前に発生していた
<参考記事>中国で次世代の核融合装置「人工太陽」がついに誕生へ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インド型コロナ、世界的に懸念される変異株に指定 4

ビジネス

「金もうけが目的」、米パイプライン攻撃のハッカー集

ビジネス

ワクチン特許放棄巡る問題、12月までの解決望む=W

ビジネス

米雇用は堅調さ継続、緩和縮小の討議開始を希望=ダラ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月