最新記事

宇宙

光がねじまげられる......ブラックホールをビジュアル化した画像が公開

2019年9月30日(月)16時30分
松岡由希子

NASA’s Goddard Space Flight Center/Jeremy Schnittman

<アメリカ航空宇宙局(NASA)は、シミュレーションに基づき、ブラックホールをビジュアル化した画像を公開した......>

ブラックホールとは、極めて高密度で、光さえ脱出できないほどの強い重力を持つ巨大な天体である。国際研究チーム「イベントホライズンテレスポープ(EHT)」は、2019年4月10日、おとめ座にある楕円銀河M87の中心にあるブラックホールを直接撮影することに世界で初めて成功したが、画像は低解像度であり、その全貌はまだ十分に解明されていない。

20190410-78m.jpgEvent Horizon Telescope Collaboration

重力によって光がねじ曲げられた様子

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、2019年9月26日、シミュレーションに基づき、ブラックホールをビジュアル化した画像を公開した。中心部の黒い円は「事象の地平面」と呼ばれ、ブラックホールの重力からの脱出速度が光速を超えるために脱出が不可能な境界である。

フランスの天体物理学者ジャン=ピエール・ルミネ博士が1960年代のコンピュータ「IBM7040」を使って1978年にブラックホールをシミュレーションした画像にも、同様の黒い円が中心部に描かれていた。また、「事象の地平面」の周囲で明るく光る輪のような物体は「光子リング」で、重力によって光がねじ曲げられたものである。

luminet.jpgJean-Pierre Luminet

周囲からガスや塵がブラックホールに落ち込む際、これらのガスや塵はまっすぐ落ち込むことなく周りにリングを形成し、「降着円盤」と呼ばれる円盤を形成する。NASAのシミュレーション画像において、ブラックホールの周りを周回しているオレンジ色の物体が「降着円盤」だ。

この画像では、ブラックホールの後ろに回り込むはずの「降着円盤」がブラックホールの上部にあらわれている。これは、「事象の地平面」の外側でさえ重力が非常に大きく、時空が歪み、「降着円盤」の光の経路が曲がるためである。

bh_labeled.jpg

非常に強いドップラー効果を引き起こす唯一の天体

この画像の「降着円盤」では、明るくみえる部分と暗くみえる部分がある。これは「相対論的ビーミング」と呼ばれる現象で、「降着円盤」の回転によるものだ。この動きが光の波長の周波数に変化をもたらす。これがいわゆるドップラー効果である。私たちに向かってくる「降着円盤」は光速に近づくので明るく見える一方、私たちから遠ざかっていく側は、逆の作用により暗く見えるというわけだ。

このような「降着円盤」の視光度の非対称性について、ルミネ博士は「これこそ、ブラックホールの主な特徴であり、『降着円盤』の内部に光速に近い回転速度をもたらし、非常に強いドップラー効果を引き起こす唯一の天体である」と述べている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、一段の利下げ余地ある=周前総裁

ビジネス

アングル:個人消費堅調も一般消費財の株価さえず、原

ワールド

民主党討論会、10候補は大統領の弾劾調査支持では一

ビジネス

日経平均は3日続落、米中協議に不透明感 日銀ETF

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月