最新記事

新型コロナウイルス

トランプ、米政府スタッフ感染を機にコロナ予防のため危険な未承認薬を服用していた

Trump Says He's Taking Hydroxychloroquine Every Day to Prevent Coronavirus

2020年5月19日(火)18時40分
ジェフリー・マーティン

「毎日服用している」と、こともなげに言ったトランプ(5月18日、ホワイトハウスの大食堂でレストラン経営者たちと) Leah Millis−REUTERS

<大統領が、新型コロナ感染予防のために、下手をすると命に関わるかもしれない薬を飲んでいた。自ら人体実験をするようなものでアメリカに衝撃が走っている>

アメリカのドナルド・トランプ大統領は2020年5月18日、レストラン業界経営者らとの円卓会議の席上で、新型コロナウイルスの感染予防のため、抗マラリア薬で新型コロナの治療薬としても期待されるヒドロキシクロロキンを自ら服用していることを明らかにした。また、新型コロナウイルスの検査は2〜3日おきに受けているとも述べた。

ホワイトハウスの医師が、ヒドロキシクロロキンの服用を勧めたわけではない。抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンは、4月ごろまでトランプが、新型コロナウイルスに効くかもしれないと科学な的証拠もなく喧伝していた薬。その未承認薬を亜鉛と併せて毎日摂取していると述べたのだ。ヒドロキシクロロキンの臨床試験はアメリカでは4月に始まったばかりで、米食品医薬品局(FDA)は治療薬として承認していない。効果があるのないのか、危険な副作用を伴わないのかどうか、評価は分かれる。それを大統領が服用していると聞いて国中がショックを受けたのはそのためだ。

<参考記事>トランプ肝入りの抗マラリア薬、新型コロナウイルス患者の死亡率上げる恐れ

ホワイトハウスに複数の陽性者

トランプがこの薬を飲み始めたのは、最近ホワイトハウスの複数のスタッフが新型コロナウイルスに感染したので、予防的な意味合いだったという。その割にトランプは公の場ではマスクもつけず、社会的距離も取らず、ホワイトハウスの感染対策が問題になっていた。

<参考記事>マスク拒否のホワイトハウスで、コロナ対策を率いるファウチ博士らが自主隔離
<参考記事>ホワイトハウスでクラスター疑惑──トランプ大統領がコロナに感染したらどうなる?

トランプはヒドロキシクロロキンについて、「1週間半ほど服用しているが、わたしは元気だ」と語り、ヒドロキシクロロキンが新型コロナウイルスに効果がある「可能性はきわめて高い」と述べた。「効果がないとしても、副作用で病気になったり死んだりすることはない」

この衝撃発言の後、FOXビジネスのニュース番組司会者ニール・カブートは、呼吸器系などの基礎疾患がある人は、命取りになりかねないのでヒドロキシクロロキンを服用しないよう呼びかけた。カブートは、基礎疾患を抱える退役軍人たちが新型コロナウイルスに感染した場合の複数の研究を引用し、ヒドロキシクロロキンには効果がない可能性があると指摘した。

カブートは、5月18日の放送でこう呼びかけた。「もしあなたが重症化の可能性が高いハイリスクグループに属していて、尚かつ新型コロナウイルスに感染している場合、この薬は危険だ。いくら強調しても足りない。この薬は命にかかわる」

ヒドロキシクロロキンはマラリアや狼瘡に対する有効性が証明されている薬だが、「軽い気持ちで」、または「大統領が飲んでいるから」といった理由で服用すべきではない、というのだ。

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

ユーロ圏経済、なお「松葉杖」に依存 不確実性極めて

ワールド

J&Jワクチン、伊は停止・仏は使用へ 欧州当局は来

ビジネス

FRB、利上げよりも「かなり前」に緩和縮小の公算=

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 8

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 9

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 10

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    青色の天然着色料が発見される

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月