最新記事

イスラム過激派

IS関連テロ組織、アジアでいまだ潜伏・活動中 インドネシア、治安部隊が容疑者射殺

2020年2月10日(月)15時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

今もインドネシア警察の対テロ特殊部隊はイスラム過激派組織メンバーの捜索を続けている。 Antara Foto/Wahyu Putro A - REUTERS

<テロ事件は2年近く起きてないが、メンバーは常に爆弾を持ちながら行動を起こす機会をうかがっている>

インドネシア警察は2月7日、スマトラ島リアウ州で中東のテロ組織「イスラム国(IS)」と関連があるとされるインドネシアのテロ組織「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」のメンバーを逮捕時に抵抗したことから射殺したことを明らかにした。

インドネシアでは2018年5月のジャワ島スラバヤ市でのキリスト教会を狙った自爆テロ事件(自爆犯を含めた23人死亡、100人以上が負傷)以降、大規模な被害を伴うテロ事件は起きていない。

これは治安当局によるテロ組織、メンバーへの摘発や掃討作戦による一定の成果といわれているが、一方で地方都市などでは弱体化したテロ組織が新規メンバーのリクルートや手製爆弾製造などで新たなテロの準備などをしているとの情報もある。

今回のテロ容疑者射殺も逮捕時に爆弾で抵抗しようとしたため警察側がやむなく発砲したもので、治安当局では「差し迫ったテロの情報があるわけではない」としながらも警戒を強める事態となっている。

2月6日、リアウ州プララワン地方にあるカンバル川で小型釣り船に乗っていた男をテロ容疑で逮捕しようとしたところ、この男がパイプ爆弾のようなものを投げて抵抗した。このため「男性を"無力化"するしか選択肢がなかった」(地元警察報道官)として現場で射殺したという。この際警察官1人が負傷した。

その後の調べて射殺された男性はワヒュー(29)容疑者で、爆弾を所持していたことなどからJADのメンバーとみられている。ジャカルタにある国家警察のアセップ・サプトラ報道官は「現在まだ詳細を調査中である」として事件の詳しい経緯への言及を避けている。

だが地元メディアなどは「ワヒュー容疑者はジャンビ州の自宅で妻と子供と生活していたが、1月に姿を消して行方不明となっていた。周囲の住民はワヒュー容疑者がテロリストだったことに一様に驚いている」などと伝えている。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月