最新記事

イスラム過激派

IS関連テロ組織、アジアでいまだ潜伏・活動中 インドネシア、治安部隊が容疑者射殺

2020年2月10日(月)15時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

JADは最も過激なテロ組織

ワヒュー容疑者が所属していたとされるJADは、数々のテロ事件への関与で反テロ法違反に問われて2018年6月に死刑判決を受けたアマン・アブドゥルラフマン容疑者が2014年に設立したイスラム教過激派組織。その後ISとの関係が明らかになり米政府が2017年に国際テロ組織として指定、インドネシア国内で一時は約4000人のメンバーを擁していた。

現在、インドネシアで最も過激なテロ組織とされ、2016年1月のジャカルタ市内中心部での自爆テロ(4人死亡)や2017年5月にジャカルタ市内東部のバスターミナルでの自爆テロ(警察官3人死亡)、2018年5月のスラバヤ市内警察署での自爆テロなど数々のテロ事件を実行している。その手口の大半は自爆テロによるのも特徴とされる。

さらにフィリピン南部を活動地域とするフィリピンのテロ組織「アブ・サヤフ」と連携して、JADメンバーがフィリピンで戦闘訓練を実施したり、武器の供与を受けたりしていたことも明らかになっている。

2019年1月にフィリピン南部スールー州ホロ市の教会で起きた自爆テロ(19人死亡、48人負傷)の実行犯はインドネシア人男女で、アブ・サヤフの支援を受けて実行されたとされ、両組織の密接な関係を象徴する事件とした注目された。

2019年10月10日には当時のウィラント調整相(政治・法務・治安担当)がジャカルタ西方のバンテン州で暴漢に刃物で刺される事件が発生。さらに11月13日には北スマトラ州の州都メダンの警察署で自爆テロ(容疑者1人死亡、警察官など6人負傷)も起きている。いずれの事件も実行犯はJADのメンバーとされている。

令状なしでも捜査可能、軍隊も動員

こうした数々のテロ事件への関与からインドネシア治安当局はテロ対策最重要対象としてJADを位置付け、各地でメンバーや支持者の逮捕、拘束、取り調べが強化されている。

特に2018年以降は裁判所の決定でJAD関連の事案に関しては「令状なしの捜索や拘束」が特例として認められるようになったほか、それまで国家警察の対テロ特殊部隊「デンスス88」が主に担ってきたテロ対策に法改正で国軍も関与できるようになり壊滅作戦は進んだ。

2019年末にはインドネシア東端のパプア州にJADが活動地域を移そうとしているとの情報も流れたが、これもJADが窮地に追い込まれていることの反映といわれた。

こうした治安当局などの徹底した対策の結果、JADが関連したと思われるテロ事件は未遂も含め2019年には8件にとどまり、前年2018年の約半数に減少、2019年に逮捕したJAD関連の容疑者は280人にも上っている。

このうち74人の逮捕はウィラント調整相が襲撃された10月以降、同事件に関連した容疑者逮捕というから、現職閣僚の襲撃事件がいかに大きな衝撃を政府、治安当局に与えたかがわかる数字となっている。

今回のJADメンバーとされる容疑者の射殺事件は、2020年も依然としてJADを中心とするテロ組織の活動が続いており、テロの脅威が完全に払しょくされてはいないことを改めて印象付け、まだ警戒が必要であることをインドネシア国民に認識させる結果となった。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など



20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

ニュース速報

ワールド

アントの上場、過去最大規模になる見込み=ジャック・

ワールド

アジアのコロナ感染者が1000万人突破、インドで感

ワールド

人民元の柔軟性を高める方針=中国人民銀行総裁

ワールド

フェイスブック、反トラスト法違反でFTCが11月に

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送…

  • 5

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 6

    中国はトランプ再選を願っている

  • 7

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月