最新記事

サイエンス

人工ウイルスがテロ兵器になる日

The Next Big Terrorist Threat

2019年11月20日(水)16時40分
ジョーダン・ハービンジャー(ジャーナリスト)

最悪のシナリオを防ぐ方策はあるのか。選択肢の1つは合成生物学の研究を完全に禁止することだ。しかし、ゲノム編集はキャンピングカー程度の部屋があればできる。完全な監視は不可能に近い。それに、国際社会がこの分野の研究を禁止しても、ロシアや中国、北朝鮮のような国はひそかに応用技術の開発を続けるだろう。

ワクチン「印刷」体制を

リードに言わせれば、むしろ大事なのは、人類が合成生物学の素晴らしい成果を確実に享受できる状況を生み出すことだ。そして、その成果を利用して最悪の事態に備えればいい。

リードが提案する構想は2つある。1つは、大気中の病原体を検出する装置の大規模ネットワークの構築。大気中を漂う病原体を24時間体制で監視し、そのDNA情報を瞬時に解析し、必要に応じて警告を発するシステムだ。

政府が十分な資金を出して支援すれば、こうしたシステムは向こう20年くらいで、スマートフォン並みに普及するはずだ。それで季節的なインフルエンザの蔓延を予防できれば、それだけでも十分に採算は取れる。

2つ目のアプローチは、バイオ関連の製造インフラを従来とは比較にならない規模にまで増やすことだ。危険な病原体が故意にばらまかれた場合、何カ月もかけてウイルスを調べ、ワクチンをつくり、各地へ送り出す時間的な余裕はないだろう。

そうであれば、3Dプリンターでワクチンを製造する技術を開発し、薬局や診療所でワクチンを「印刷」できるようにすればいい。これなら迅速にワクチンを投与でき、多くの命を救える。

ただし、とリードは警告する。これらの対策への投資は今すぐ始めなければならない。あと15〜20年もすれば人工的な殺人ウイルスの量産が可能になるからだ。

「今はまだ、高校生が自宅で殺人ウイルスをつくってばらまける時代ではないが」と、リードは言う。「そういう人間が生まれてくるのは、もはや時間の問題だ」

時間はあるが待ったなし。気候変動の対策と同じだ。

<本誌2019年11月26日号掲載>

【参考記事】人工合成で天然痘ウイルスを作製可能!?な研究が発表され、批判相次ぐ
【参考記事】遺伝子編集「クリスパー」かつて不可能だった10の応用事例

20191126issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月26日号(11月19日発売)は「プラスチック・クライシス」特集。プラスチックごみは海に流出し、魚や海鳥を傷つけ、最後に人類自身と経済を蝕む。「冤罪説」を唱えるプラ業界、先進諸国のごみを拒否する東南アジア......。今すぐ私たちがすべきこととは。

ニュース速報

ビジネス

来週にも首相が経済対策指示、給付金やGoTo延長で

ワールド

中国が環境問題で米を非難、「自国への批判そらそうと

ビジネス

ドイツ銀、第3四半期は黒字転換 投資銀行部門の見通

ビジネス

野村HD、7―9月連結純利益は前四半期比53%減 

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 9

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 10

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月