最新記事

2大レポート:遺伝子最前線

遺伝子編集「クリスパー」かつて不可能だった10の応用事例

CHANGING THE WORLD

2019年1月16日(水)12時00分
ジェシカ・ファーガー(ヘルス担当)

VCHAL/ISTOCKPHOTO

<新技術「クリスパー・キャスナイン(CRISPR-Cas9)」の出現で加速するゲノム編集。この技術の応用はもうここまで進んでいる>

※2019年1月22日号(1月15日発売)は「2大レポート:遺伝子最前線」特集。クリスパーによる遺伝子編集はどこまで進んでいるのか、医学を変えるアフリカのゲノム解析とは何か。ほかにも、中国「デザイナーベビー」問題から、クリスパー開発者独占インタビュー、人間の身体能力や自閉症治療などゲノム研究の最新7事例まで――。病気を治し、超人を生む「神の技術」の最前線をレポートする。

◇ ◇ ◇

クリスパー・キャスナイン(CRISPR-Cas9)がより一般的になれば、将来何が起こり得るのか。不安に思う人は多いだろうが、現実は予想以上に進んでいる。

クリスパーを使えばあらゆる生命体の遺伝情報において、DNAの断片を選択的に変更したり、遺伝子を無効化したり、遺伝子の突然変異を修正したりできる。つまり遺伝子編集によって、世界を自由に再設計することが可能になる。この技術は農業や医薬など生物科学のほぼ全ての領域を一変させ、われわれの生活のあらゆる面に影響を与えるはずだ。

科学者は既にクリスパー技術を使って、かつて不可能と思われたことを実現している。注目の10の事例を見てみると──。

(1)米シカゴ大学の研究者は、食欲を抑制するホルモンをつくるよう遺伝子編集を施した皮膚片をマウスに移植し、食欲と血糖値を抑えるのに成功した。この実験はインスリンの代替物を特定する上でも役立ちそうだ。

(2)英インペリアル・カレッジ・ロンドンではマラリアを媒介する蚊を遺伝子操作し、集団の繁殖能力を失わせた。蚊が原因となる病気の撲滅を目指すことができるだろう。

(3)米食品医薬品局(FDA)は遺伝子組み換えサケを認可している。遺伝子編集により、大西洋サケがキングサーモンのような味と食感で、早く大きく成長するようになった。

(4)中国の西北農林科技大学の科学者らは特定の遺伝子を取り除き、より毛の多いカシミヤヤギを誕生させた。

(5)米ハーバード大学の研究で、ブタ内在性レトロウイルス(PERV)を保有しないブタが誕生。ブタからヒトへの臓器移植に道を開いた。成長ホルモンの関連遺伝子を無効化した超小型ブタも生まれており、中国企業がペット販売すると発表したが、計画は中止に。

magSR190116changing-chart.png

本誌23ページより

(6)中国では、侵襲性の強い癌の多くの予備研究にクリスパーが使われている。例えば患者の血液で遺伝子変異を起こしてそれを体内に戻し、頭頸部癌の成長を抑制する研究などだ。

(7)米ラトガーズ大学の研究者はウドンコ病に耐性のあるブドウを開発。ワイン生産が増えるかもしれない。

(8)アリは鋭い嗅覚で互いに情報を共有・交換する。米ロックフェラー大学の研究者らは、嗅覚に関連する遺伝子を編集するとアリの行動が変化することを発見。脳の触覚葉と回路が十分発達せず、食料調達を含む集団の生産性も劇的に低下。アリ同士が効率的に協業できなくなるからだ。

(9)家畜の牛にとって角を切られることは大変な苦痛。畜農家にとっても費用と手間が掛かる作業だ。クリスパーで角のない牛が生まれている。

(10)マウスのDNAからHIVウイルスに関する部分を取り除く遺伝子編集に、米ピッツバーグ大学などの研究者が成功している。

<2019年1月22日号掲載>

【関連記事】クリスパー開発者独占インタビュー「生殖細胞への応用は想定内」

※2019年1月22日号「2大レポート:遺伝子最前線」特集はこちらからもお買い求めいただけます。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:世紀の巨大爆発を世界に配信、レバノン流血

ビジネス

焦点:中国ハイテク大手に逆風、米中緊迫で経営環境激

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    レバノン爆発、爆弾などの「外部介入の可能性も」=ア…

  • 9

    米財務省、香港の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁 自…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 8

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月