最新記事

アフガニスタン

地雷撤去はアフガン女性の自立と夢への第1歩

Afghan Women Taking Their Country Back

2019年11月21日(木)19時45分
カーン・ヘンドリックス(カブール在住のフォトジャーナリスト)

チームの最年少は、5カ月ほど前に加わったザーラ・アタイー(21)だ。

アタイーが働きだしたのは16歳。近所の幼い子供たちに算数や読み書きなどの基礎的な勉強を教え始めた。両親は読み書きができず、彼女はこの年齢で家計を支える大黒柱になった。

父親のアリ・フセインは男性地雷除去チームの警備員だったが、雇い止めになっていた。そこでアタイーは、新設された女性地雷除去チームに応募した。非常に危険な作業だが、ほかにフルタイムの仕事はほとんどなく、月400ドルの報酬は民間の約4倍。これを見逃す手はなかった。

父親はアタイーの決断に賛成した。唯一の稼ぎ手として家計を支える娘を誇りに思っているが、危険な仕事だという認識はある。「作業中に地雷に出くわすかもしれないが、働いてもらうしかない。うちは生活が苦しいから」

世界有数の地雷汚染国

アタイーはこの仕事に強い誇りを持っているが、いずれは岩だらけの作業現場から離れるつもりだ。お金をためたらビジネスの学士号を取得して、服をデザインする会社を起業したいという。だが今のところは、困難で危険な責務を背負い続けている。

チームの他のメンバーも、多くは女手一つで家族の暮らしを支えながら、将来就きたい仕事に備えて勉強している。2児の母ファイザ・レザイーは、遠く離れたカブールの大学にいる夫の学費を援助している。大学で学ぶことを勧めたの彼女自身だ。

チーム最年長のジャミーラ(34)は、5人家族の唯一の稼ぎ手だが、弁護士になる夢をかなえるため、夜間に時間を見つけて勉学に励んでいる。地雷除去の仕事は女性たち個人の尊厳と経済状況の両面に多くのメリットがあるが、同時に重大な危険を伴う。

アフガニスタンは世界有数の地雷汚染国だ。40年に及ぶ紛争の負の遺産は膨大な数に上り、いまだに700平方キロ近い土地に地雷やクラスター爆弾などの不発弾が埋まったままになっている。

今年5月には、バーミヤンの小さな学校の裏で、何十年も眠っていた不発弾が爆発し、少年3人が死亡。遺体が確認されたのは24時間近くたってからだった。地雷やクラスター爆弾などの不発弾によるアフガン人死傷者の数は、昨年だけで1400人以上、2012年以降3倍に増えている。犠牲者の80%以上は子供たちだ。

そんなアフガニスタンから地雷を一掃するのは大仕事だ。国際社会は過去30年、アフガニスタンの地雷除去プロジェクトに推定約15億ドルを投じてきた。だが、地雷ゼロと宣言されたのは全34州のうち1州のみだ(バーミヤンもゼロに近づきつつある)。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀政策委員、金融政策の調整余地かなりあると

ワールド

タイ刑務所で暴動発生、一部囚人が脱走 新型肺炎発生

ビジネス

緊急事態宣言、現状はぎりぎりの状況と認識=官房長官

ワールド

豪、新型コロナ対策強化 公共の場での集まり2人まで

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 2

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま日本が学ぶべきこと

  • 3

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 4

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は…

  • 9

    新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

  • 10

    【大江千里コラム】厳戒態勢のNYで考える、「コロナ…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 6

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 9

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 10

    ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月