最新記事

アフガニスタン

地雷撤去はアフガン女性の自立と夢への第1歩

Afghan Women Taking Their Country Back

2019年11月21日(木)19時45分
カーン・ヘンドリックス(カブール在住のフォトジャーナリスト)

チームの最年少は、5カ月ほど前に加わったザーラ・アタイー(21)だ。

アタイーが働きだしたのは16歳。近所の幼い子供たちに算数や読み書きなどの基礎的な勉強を教え始めた。両親は読み書きができず、彼女はこの年齢で家計を支える大黒柱になった。

父親のアリ・フセインは男性地雷除去チームの警備員だったが、雇い止めになっていた。そこでアタイーは、新設された女性地雷除去チームに応募した。非常に危険な作業だが、ほかにフルタイムの仕事はほとんどなく、月400ドルの報酬は民間の約4倍。これを見逃す手はなかった。

父親はアタイーの決断に賛成した。唯一の稼ぎ手として家計を支える娘を誇りに思っているが、危険な仕事だという認識はある。「作業中に地雷に出くわすかもしれないが、働いてもらうしかない。うちは生活が苦しいから」

世界有数の地雷汚染国

アタイーはこの仕事に強い誇りを持っているが、いずれは岩だらけの作業現場から離れるつもりだ。お金をためたらビジネスの学士号を取得して、服をデザインする会社を起業したいという。だが今のところは、困難で危険な責務を背負い続けている。

チームの他のメンバーも、多くは女手一つで家族の暮らしを支えながら、将来就きたい仕事に備えて勉強している。2児の母ファイザ・レザイーは、遠く離れたカブールの大学にいる夫の学費を援助している。大学で学ぶことを勧めたの彼女自身だ。

チーム最年長のジャミーラ(34)は、5人家族の唯一の稼ぎ手だが、弁護士になる夢をかなえるため、夜間に時間を見つけて勉学に励んでいる。地雷除去の仕事は女性たち個人の尊厳と経済状況の両面に多くのメリットがあるが、同時に重大な危険を伴う。

アフガニスタンは世界有数の地雷汚染国だ。40年に及ぶ紛争の負の遺産は膨大な数に上り、いまだに700平方キロ近い土地に地雷やクラスター爆弾などの不発弾が埋まったままになっている。

今年5月には、バーミヤンの小さな学校の裏で、何十年も眠っていた不発弾が爆発し、少年3人が死亡。遺体が確認されたのは24時間近くたってからだった。地雷やクラスター爆弾などの不発弾によるアフガン人死傷者の数は、昨年だけで1400人以上、2012年以降3倍に増えている。犠牲者の80%以上は子供たちだ。

そんなアフガニスタンから地雷を一掃するのは大仕事だ。国際社会は過去30年、アフガニスタンの地雷除去プロジェクトに推定約15億ドルを投じてきた。だが、地雷ゼロと宣言されたのは全34州のうち1州のみだ(バーミヤンもゼロに近づきつつある)。

ニュース速報

ワールド

新型肺炎、中国が「人から人」へ感染確認 世界で患者

ワールド

バンカメ、20年原油価格見通し上げ 需要増や協調減

ワールド

香港格付け「Aa3」に引き下げ、見通し「安定的」=

ワールド

イラン外相、国連で制裁議論なら「NPT脱退」 他の

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 6

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 8

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    ゴーン「逮捕翌日、フランス大使から日産の陰謀を知…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月